民主党と自民党と検察

173.jpg
これだけ情報が錯綜しているとなかなか筆も進まなくなります。他に話題がないわけではなく、むしろそちらの方こそ重要なニュースだったりするわけですが…(^_^;)
というわけで前回記事の続き。小沢幹事長の、いや検察の、いやマスコミの、まあ色々な切り口が存在しますが、ひとまず小沢幹事長の秘書逮捕に関連したニュースについて。

まずこの問題、それほど大きな問題にならないという見方がほとんどでした。ことの発端は小沢幹事長の政治団体による約4億円の土地取引です。
政治団体が大金を動かす土地取引をするなど好ましくないという指摘はその当時からありました。その意味でこの問題は決して最近浮上した問題ではありません。
ところがこの数日のうちに、あれよあれよと事務所およびゼネコンの強制捜査。そして小沢幹事長の元秘書だった石川知裕議員の逮捕劇です。
議員逮捕は国会会期中には大変困難になる(不可能ではありません)ので、18日からの国会会期を睨んだこのタイミングは、いわば駆け込み逮捕といえましょう(*_*)

一見して感じるのは検察権力のここ数年来の変容ぶり。検察は法の番人ですから議員の違法行為を罰するのは何らおかしいことではありません。
しかし国民の負託を受けた議員の逮捕については、従来の検察はもっと遠慮がありました。遠慮があるのが良いことなのかはともかくとして、ともかく遠慮がありました。
しかし今回は最初から議員逮捕をターゲットに絞っての捜査劇です。周囲からじわじわと的を絞って…という今までの手法とは完全に異質。トップへの強制捜査が始まりですから。
そして頻発したリーク報道…(@_@;)

この問題は国会会期を控えた自民党には追い風になるはず…しかし自民党も喜色満面とはいかないようです。
表情はどこか暗め、ときに怯えの影すら走ることがあります。同じようなことをしている議員は自民党にも多いでしょうからブーメランを警戒している面もあるでしょう。
しかし一番の原因は、どのような実力政治家であっても、検察に逆らったら一巻の終わりなのだぞという「事実」を目の当たりに見せられたということなのではないでしょうか。
たとえ逮捕まで行かなくても、洗いざらい書類を押収されて、あることないことリークされたら政治家としての活動は甚だ困難になります(^_^;)
町村元幹事長がテレビ出演していたら表情をよく見てみてください。強い口調と弱い目線、妙に明るく激しい語尾とあいまいな語彙が交互に繰り返し出ています。

もっとも当の検察だって長期戦略があってのこととは言えないようです。
いまだに容疑事実があいまいなことが一点。それに90年代後半ころから検察の権威は凋落傾向。逮捕された議員や官僚が、所を変えて活躍することもしばしばです(^^)
逮捕された元議員や元官僚は死に物狂いで検察潰しに走ります。逮捕者が多くなればなるほど検察の立場は危うくなるというパラドックスが既に存在しています。

周囲のプレッシャーをはねのけるため、自分の立場を少しでもカッコ良く見せようと拙劣なリーク戦術を繰り返して、揚句に振り上げたこぶしをついに下ろせなくなった…。
マスコミに情報を流しているうちに、膨らみすぎたマスコミの期待を裏切ることができなくなって自棄的なバクチに走った…。
それが案外、検察の本音ではないでしょうか(+_+)

民主党と自民党と検察。それぞれが強気と怯えの交差する中で身動きが取れなくなり……いつの間にか聞こえてくるのは高らかな右翼の進軍ラッパのみ…。
そんな世の中にだけは絶対させないからな…(-_-メ)

佐久間さ。ウソくさく国策捜査、撒くさ(サクマサウソクサクコクサクソウサマクサ)

佐久間というは東京地検特捜部部長の名前です。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 小沢一郎 - ジャンル : 政治・経済

コメント

たしかに・・・

振り上げた拳を、、、という見方は同感です。
問題は、落としどころをえるために何らかのねつ造に走らないか、という点です。
一応、検察のメンツが立つ形で落としどころが見つかると呼んではいますが、国民にとってプラスになるかどうか疑問ですし、まだまだ予断を許さないと思ってます。

kaseijin さま

どんな結末になるせよ国民にとってプラスにならないことは確実ですねぇ…(+_+)

ねつ造なら少なからずもう始まっているんじゃないでしょうか。メンチカツならごちそうですが、検察のメンツはどこまでやったら立つのやら(^^ゞ

最初から捏造

水谷建設の裏金1億円をネット空間に漂う情報で検証
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/11841701.html

cbさま

コメントありがとうございます。
cbさまは管理人本人さまではないようですが、紹介いただいたブログは『地獄への階段』さまですね。雪どけ水もいつも読んでいますよ(^^)

ところでcbさまは、どういう方なんですか…(?_?)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石川議員逮捕で形が見えた

時間に追われて打った一手のように見える昨晩の石川議員逮捕。これによって検察のねらいが「政治資金規正法違反+α」だということがはっきり...

【法匪】立場を弁えず、選挙で示された民意を軽んじる東京痴犬と闘うべし!【ファッショ】

せいぜい罰金100万円程度の刑罰しか受けることない政治資金規正法の不記載違反という形式犯によって、民主党の石川衆院議員ら3名が東京痴犬特捜部によって不当逮捕されたわけだが、 痴犬特捜部と一味同心な翼賛マスゴミども は「小沢幹事長、辞任不可避」だの「幹事長...

説明責任は、東京地検とマスコミにある

 昨日も書いたのだが、マスコミは又「説明責任」を言い出している。 ぼそっと、 クロスオーナーシップを「禁止」 まずは、このブログへ訪問をしてくださった方は、各自でこの クロスオーナーシップ「禁止」 を広めてください。 じつは、マスコミは一切報道をしませんが、...

あの道を再び歩く事にならないように=検察ファッショにNOを!

kojitakenの日記によると右翼学者として有名な中西輝政が、昨年5月「文芸春秋」に、昨年の検察の小沢秘書逮捕を、戦前ファッショと同じであると書いていたそうである。 その一部を引用させていただく事にしたい。 (引用始め) 中西は、昭和初期には「政治の不在」が「軍...