FC2ブログ

民主党の政策方針、×、△、○

たびたび紹介している『村野瀬玲奈の秘書課広報室』さまや『Afternoon Cafe』さまが、総選挙を控えて民主党政策の検証を始めています(*^^)v
その動きにBLOG主も協力することにしました(^^ゞ でも政策のことはよくわからないので他の方のブログを参考にいたします。

さて『国会傍聴記by下町の太陽』さまが民主党の目玉政策の一つ「農業者戸別所得補償制度」について詳しく論考されています。
―上記の方は、リンクを積極的には受け付けていないようですので、リンクは遠慮いたしますが実力ある記者です。どうか皆さん直接ご覧になってくださいm(_ _)m

BLOG主の理解できた範囲で何とか説明すれば…補助金中心の農業助成をやめ、農家一件ごと直接に所得補償するのが「農業者戸別所得補償制度」です(^_^;)
これにより従来の「国・自治体→JA(農協)→農家」というお金の流れが「国・自治体→農家→JA(農協)」という順番に変わります。
農家は自由度の高いお金を手に入れることができますし、JAの中間搾取(つまりはピンハネ)もなくなります。大変いい制度ですが隠された側面も否定できません(;一_一)

以下はBLOG主の推測です(^_^;)
農家は自由なお金を手に入れてJAから独立することができます。
今までJAはほしいままに農民を動員でき、その集票力・集金力を利用して、政界に大きな影響を及ぼしてきました(ーー゛)
特に自民党への政治力を背景にした系列金融機関の腐敗ぶりは「悪徳○○」とさえ呼ばれるべき酷さでした(-_-メ)
そこで民主党は、自民党の政治力をそぐ目的も含めてJAの弱体化を図り「農業者戸別所得補償制度」を導入しようとしている…。
農家だって直接国からお金をもらえるようになれば、もう選挙や献金でJAの言うことを聞く必要がなくなりますからね(;一_一)

BLOG主が考えるに、JAの体質は問題外としても「農業協同組合」自体は否定されるべきものではないと思います。
透明性の高い、民主的な手法で運営される「中間体」は、国と個人のパイプ役として積極的に評価されるべきだと思います。
「農業者戸別所得補償制度」がいけないというわけではありません。ただ「農協」は高齢者や零細農家中心の農村では、いまだにかけがえのない働きをしています(@_@。
その働きぶりを過小評価することなく、弱者に十分な配慮した上で、施策を進めてほしいと思います(^_^)
郵政民営化のような惨憺たる結末は、もううんざりですからね(^^)

この場合、政策に両義性があるという意味で○も×もあげられません。民主党には△を差し上げます( ^^) _△
自民党の腐敗ぶりは、最も大きな責任を負うべきとして大×を差し上げます( ^^) _×

薫風に かすかに揺れる 黄金の穂
 麦は熟せる 休耕田に


6月ころに作った歌で、もう季節外れです。今日もお粗末さまでした(^o^)
今日の写真はオジギソウです。触るとパタンと葉を閉じます(^^♪
027.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主党の政策方針: ここが×、ここが△、ここが○

「民主党をお財界様代表やおアメリカ様代表ではなくて真の国民代表にするために」の構想をもとに、民主党の政策で評価できること、評価で...