FC2ブログ

議員は多い方がよろしい

299.jpg
参院選が終わってポツポツ話題に上がるのが「一票の格差」です。参院選の場合は最低と最高との間で5倍以上の差があるというのですから馬鹿になりません。
要するに一選挙区当たりの人口に5倍の差があるということ。ふへへへ~い、地方人の雪どけ水にとっては気の重くなる話題ですなぁ(+_+)
選挙権というのは国民が政治参加する上でもっとも基本的な権利ですから平等である方が好ましいのは言うまでも無し。
「一票の格差」が5倍以上あるのですから、そういう地域の有権者は「5分の1国民」だなどと形容する人もいます。まことにごもっとも(+_+)
さっそく選挙無効の裁判も始まったようです。選挙のやり直しにまで至ったケースはありませんが、最近の判例は、国へ是正を求める厳しいものになりつつあります。

まあ「一票の格差」があって嬉しい、なんて言う人はあまりいないものです。
少ない票で当選者が出せる選挙区の人間でも、別に「おれたちは他より5倍の価値がある人間だ」などと思っているわけではありません。
にもかかわらず「5分の1国民だ」などと言われると閉口です。ましてそんなことを言う人に限って、他の何倍もの高収入を得たりしていて…(^_^;)
ま、そういう意味も含めて「一票の格差」は無いのが正しい。ただ考えておいてもください。なぜ「一票の格差」があるのか。
言いましたよね。「一選挙区当たりの人口に5倍の差がある」って(^_^;)
なぜ「一票の格差」があるのかといえば、地方から都市部への急速な人口流入があったから。
区割りも含めて、選挙制度の是正が間に合わないほどの急速な人口流入が、都市へ地方から行われたのです。戦後すぐから、現在までずっと。
別に「一票の価値」が高い地方にいたからと言って、その地方に住む人間が幸せなわけでもなんでもない。むしろ、より深刻な被害者でさえあるわけです。
人口が急速に少なくなって、過疎であったり、地場産業が絶えたり。
「5分の1国民」なら、そっちこそが「5分の1国民」だったかも。ただ、それを票の格差でごまかそうというのはおかしいと思います。
人口の格差はなかなか是正できないと思いますが、それでも「一票の格差」の是正はただちに行われるべき。

ハッキリ言って議員をうんと増やせばいいのですよ。人口が少ない地方からでも1人は選ばれる。その代わり多い地方から5人でも10人でも選べばよろしい。
選挙区が狭ければ、資金の乏しい候補者や組織のない候補者でも当選の可能性が出てきます。当節そういう人間の方がはるかに優秀でやる気のある候補者でしょう(^_^)
反面、知名度頼りのタレント候補などは不利になります。ほら、タレント議員って全国区からの出馬が多いです。そういう選挙区では知名度が高い方が有利になるわけです。

議員定数削減が、議員の身を切る公平な政策だと言う馬鹿論者がいますが、真っ赤な偽り。
議員の数が少なくなれば、その分だけ一人の議員が持つ利権が大きくなって、かえって談合政治が進みます。
議員を多くすれば、相互チェックが行われて透明な政治が可能になります。そういう意味も含めて議員の数は多い方がいいですね(^_^)

選挙区は でかく格差は 隠されず

いっそ、国民全員議員にしちまえ。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 選挙 - ジャンル : 政治・経済

コメント

お説ごもっとも

確かにその通りだと思います。しかしながら,適正な数がいくつかというのは大変難しい問題です。

昨日或るブログの記事に↓のようなコメントをしたところ,掲載しないのです(笑)しばらく様子を見て更なるプレッシャーをかけてやろうと思います(>_<。)
=======================
【諸般の都合】

話の中身に就いてはとやかく申しませんが,表現が気になるのです▼『諸般の』とくれば,当然その後に予想される言葉は『都合』ではなくて『事情』なのです。同様に『期日前に投票してきた』というのもおかしな日本語です。通常は『期日前投票をしてきた』と言うのです。以前は『不在者投票』と言っていたものが,いつの間にか『期日前投票』に変わっています▼麻生総理の漢字の読み間違いがマスゴミを賑わせましたが,彼らの使う日本語だって変なのです。テレビを視る度にメディア,また日本人の劣化を感じます▼ご大層なことをのたまっている大学教員の可笑しな日本語の使い方を見るにつけ,日本はやはり再生が必要だと感じました。きちんとした日本語が使える日本人が少ないのです▼以前,ある大学の卒業式で学長の話す言葉を聞いて呆れました。卒業生よりの記念品はテント一式でした。学長は代表に『有効に使わせていただきます』と言ったのです。この言葉を聞いても何とも思わない日本人が殆どだと思いますが,正しい日本語の使い方ではないのです。テントは用途が限られていますから,『有効に使う』などということはありえません。『有効に』という場合は,現物でなく金一封等いくばくかの金を貰った時,つまりその時点ではまだ使途が明確でない時に使う言葉です。したがって,使途が明確な物品(テント等)を貰った時は『大切に使わせていただきます』というのが正しい日本語の使い方です▼この程度の日本語も使えない輩(ヤカラ)が大学のトップに座り,学生に向かって『自己の国際化,地域の国際化に努めよ』などと戯(タワ)けたことを言っているのですから話になりません。こんなことでは教員の指導は出来ません。日本人はもうこれ以上国際化してしまっては日本人でなくなってしまいます▼1945年8月の敗戦で以て,明治以来の欧米追随は無効であるということが明らかになったのです。敗戦後しばらくの占領は仕方なかったのかもしれませんが,占領軍による植民地教育を易々と受け入れてしまったのはなぜだったのでしょう。今ここに言う植民地教育とは,戦後導入され,現在もなお続いている中学校教育課程における英語必修です。この問題は米軍基地とセットにして論じられなければなりませんが,そのようなことを考えている識者はいないようです▼このようなことを考えるに至ったのは,昨年8月末の政権交代という大きな社会変革のうねりの結果でした。戦後65年間のデタラメというか,明治維新以来の欧米化の総括がこれからなされるのだと思います。その時山口県は批判の矢面に立たされることは必至で,絶対に避けられません▼昨年の衆議院議員選挙による政権交代により,世の中の枠組みが180度変わってしまったのです。メディアもその例外ではありません。しかしながら,彼らは既得権益を守ることに必死で,そのことを論じる余裕がありません。もっとも,そのことを報じることは自らの破滅への道を意味します。国民は呑気に龍馬(維新)ブームに酔ってられるのも今だけかもしれません▼日本は未だに主権を回復出来ていないのです。そのことを知った小生は大変なショックを受けました。東南アジアの国々は日本だけが西欧列強の植民地にならなかったということで,日本に対して強い憧れと尊敬の念を抱いているというのは有名な話です。しかしながら,これも政権交代により明らかになったことですが,毎年アメリカから『年次改革要望書』が送られてきて,それに合わせて戦後の政権運営や国家経営がなされていたのです。その見返りとしてアメリカ親分からお小遣いをいただいていた吉田茂,岸信介を始めとする売国奴,さらにはそれに連なる子分どもがたくさんいたのです。坂本龍馬ではありませんが,今一度洗濯する必要があるようです。

長々と綴り失礼しました。年寄りの繰り言とお聞き流し下さい。

司聖尊さんへ

> 確かにその通りだと思います。しかしながら,適正な数がいくつかというのは大変難しい問題です。

そうですね。ただ減らさない方がいいと思います。削減はそれ以上の質的向上が図られる場合だけでしょう。

> 長々と綴り失礼しました。年寄りの繰り言とお聞き流し下さい。

そのブログと何かあったのですか?思いの丈は遠慮無くここで吐き出してください(^^)

全くです!

こんばんは。

>議員定数削減が、議員の身を切る公平な政策だと言う馬鹿論者がいますが、真っ赤な偽り。
議員の数が少なくなれば、その分だけ一人の議員が持つ利権が大きくなって、かえって談合政治が進みます。
議員を多くすれば、相互チェックが行われて透明な政治が可能になります。そういう意味も含めて議員の数は多い方がいいですね(^_^)

全く、その通りです!
「議員の数を減らせ!」と叫ぶ人たちは、たいていアメリカの連邦議会の例を挙げて、「アメリカに比べて日本は人口の比率に対する議員の数が多い」と指摘しますが、アメリカは特殊な例です。
そもそも、アメリカと日本では議会も、政党も、まるで性格が違います。
「二大政党制」の性格も然り。アメリカの方が、世界の中では寧ろ特殊なのです。
イギリスでは下院議員が600人以上もいます。「二大政党制」自体も、小選挙区制も行き詰まっているのは、先の総選挙を見ても分かること。

村野瀬玲奈さんのブログでも取り上げられていましたが、今回の参議院選挙で民意は自民党を勝たせてはいません。歪んだ選挙制度のせいで、自民党は不当に多い議席を獲得してしまったのです。これは「一票の格差」と同じくらい深刻な問題なのに、マスコミは取り上げない。

いま一度、私たちは、議員の数も含めて、選挙制度について真剣に考えるべきではないでしょうか?

それにしても、みんなの党にしろ、新党改革にしろ、議員の数が減れば不利になる政党が揃って「議員定数の削減」を唱えているのは、やはり彼らが「自民党別働隊」であることの証拠であるような気がします。あ~、やだ、やだ。

らすかるさんへ

仕事をしていないことを前提に「議員を減らせ」と主張するのですから、「じゃあ、その前に働けよ」と言い返したくなります(^^)

ただ、一人区といえば困っている人が多い地域でしょう。そこで取りこぼしちゃう「リベラル・左派」に何の存在意義があるのかとも思うのです(-_-メ)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢復権なるか、渡辺喜美の詐術が勝つか、「さきがけ戦略」が破綻したアト菅は?

一旦は「静かにしろ」と粛清しておいて「さきがけ」戦略が座礁に乗り上げると、詫びを入れるという。かって小沢を裏切って自社さ政権をつくったからといって二匹目の泥鰌はいなかったようだ。権力に恋々としてとち狂ったか、菅の発言は右往左往しもはや一国の総理とはおも...

写真点描・札幌花物語 13

 この「北大植物園」の樹々、木、草花の写真だけで、もちろん心を癒やしていただければ、たかだかデジカメのスナップでしかありませんが、それにまさる喜びはありませんね。 下に...

日本の政治がダメな最大の理由

  日本の政治が貧弱だという不満の気持ちを持っている人は多いと想像します。それはなぜでしょうか。 いくつもの原因を考えることができ...

民意を無視する裁判の影に民主党あり

11日投開票の参院選の定数配分は人口に比例しておらず、選挙権の平等を保障した憲法に違反するとして、大阪の男性が大阪高裁に選挙のやり直しを求める訴訟を起こした。 21日には東京都内の40代女性が選挙無効を求める訴訟を東京高裁に起こししている。 だが、参議..

日本に合う選挙制度は?

先の参院選の一票の格差が問題となり、西岡参院議長が比例8ブロック制案を出した。 kojitakenさんも秋原葉月さんも比例派である。 僕も公務員試験で選挙制度に関して一応学んでいるから、復習するつもりで...