FC2ブログ

現代の平蔵は…庶民に鬼でアメリカに仏

316.jpg
長い夏休みを頂きました。休んでいる間も変わらず見てくださった読者の方々には、心から感謝申し上げますm(_ _)m
また更新してすぐ見に来て頂いた方、アナタにも重ねて感謝申し上げます(シ_ _)シ

さて、竹中平蔵(は?復活してすぐそんな名前出すなって!?いやいや、そうは参りません^_^;;)といえば、すでに賞味期限切れ。
時代から忘れられないようにと、最近ツイッターを始めたようですが、相も変わらずツマラヌことを書いているため、世間から物笑いの種にされているようです。
特に批判の的になっているのは、この「つぶやき」。雪どけ水も少し批判をしてあげようかと思います(^^♪

(引用はじめ)
http://twitter.com/HeizoTakenaka/
淡路島に行った。素晴らしい自然と歴史・文化。これが日本の資産だ。地方に必要なのは、政府の補助金より企業家。そんなお手伝いをしたい。
7:30 AM Aug 6th webから

(引用ここまで)

まず気になったのは「資産」という言い方。使うこと前提かってね(^^♪
もちろん上手に使えば増えるという寓意なんでしょうけど、人間の手で触れてはいけないもの…自然や歴史・文化が持つ、神秘性や霊性への興味が竹中さんには無いようです。
で「地方に必要なのは、政府の補助金より企業家」という言い方。お偉いさんがこう言ったら、だいたい手掛けるのは「補助金の削除」の方。
それで「企業家」の方は、してくれるんだか、しないんだか…(^_^;)
しかも、もし仮に「企業家」が起業してくれたところで、すでに雇用と賃金体系が崩壊しているのです。それなのに淡路島の島民に何か恩恵が来ますかね。
もっとも、よく読めば「リゾート・バブル待望論」が臭い立つ短文です。そんな雰囲気。

思い起こせば90年代の中曽根バブルは、それでも国民の大多数が恩恵(狂熱?)に与かることができました。しかし竹中バブルは違います。
竹中さんがプロデュースしたバブルは、ITバブルにせよ、小泉バブルにせよ、貧乏人から奪って、富裕層が狂熱するバブルでした。
90年代のリゾート・バブルは富裕層がホテルを建設し、国内の中・低所得層が宿泊しました。竹中バブルでは富裕層がホテルを建設し、外国の富裕層が宿泊するというわけです。
淡路島なら中国・韓国の富裕層が期待できそう。中・韓との交流拡大は良いことでしょうが、それが富裕層に止まる限り本当の友好とはいえません。

ちなみに竹中さん、調子に乗ってこんな「つぶやき」も残しています。

(引用はじめ)
和歌山に帰り、高校の同窓会に出席した。今年度中に、全員60歳、還暦を迎える。共通しているのは、親の介護から自分自身の老後に関心が移っていること。団塊世代の老後問題が本格化する。皆、政府に頼らず、自助自立を前提としているのが救いだ。
1:08 AM Aug 15th webから

(引用ここまで)

元とはいえ、かつて要職にあった人が「自助自立を前提としているのが救いだ」というのは、ようするに政府は何もしませんよ…という宣言(@_@;)
団塊の世代の方々は、何かというと「最近の若い者はデモもしない」とか嘆きますが、そろそろ自分も見捨てられかけているのです。
和歌山も淡路島も抱えている問題は似たようなものでしょう。昔取った杵柄で「竹中許すな」の「団塊デモ」とか、地方から考えてみてはどうでしょうか(^_^;)

「へいぞう」に 「じゅうべい」ならば 時代物
  平蔵・従米  弱者切り


ハゲタカへいぞう。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : マクロ経済学 ミクロ経済学 - ジャンル : 政治・経済

コメント

時代物

長谷川宣以(長谷川平蔵)・・・本物は「本所の平蔵さま」・「今大岡」と呼ばれ、「悪人退治」・・・

拝啓、アメリカさま
ハマコーさんに続き、賞味期限切れです。我らの保身の為に、早く許可をお願いします。by米従地検特捜部

不器用さんへ

> 拝啓、アメリカさま
> ハマコーさんに続き、賞味期限切れです。我らの保身の為に、早く許可をお願いします。by米従地検特捜部

誰かアメリカを逮捕してくれませんかね(T_T)

歴史を見れば

歴史を見れば・・・
過去の大国は・・・一つの例外もなく・・・滅びています。
もちろん、
国民新党の金融相を呼びつけ・・・
日本の郵貯350兆円を狙う賞味期限切れ国も・・・。
ただ、いつかは?分かりませんが・・・・?
その理由は、日本への原爆投下。ベトナムへの枯葉剤投下。
イラク・アフガニスタンへの劣化ウラン弾・クラスター爆弾の使用など。

不器用さんへ(2)

同じ「米」でも、コメならば賞味期限は長い方がうれしいですが、アメリカは…。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)