FC2ブログ

自公とDie連立

322.jpg
ネットを開いたらいきなりこんな見出し「『ねじれ国会』自公との連携意欲…新人懇で首相」と。オイオイ本当かよ…。
もともとが『読売新聞』の記事だからホントかどうかは分かりません。少なくともオーバーなようではあります(^_^;)
とはいえ、こんな話がありそうだと思われているところに菅内閣の限界が見えているようです。それなら何のための政権交代だったのやら。
菅総理はせっかく新人議員と面会したのだから自分のビジョンを語りなさい。政局がらみの話しかできないようになっては就任直後で政権末期ですよ(-_-)

(引用はじめ)
「ねじれ国会」自公との連携意欲…新人懇で首相
http://news.biglobe.ne.jp/politics/191/ym_100824_1913687542.html
 菅首相は24日午前、民主党の衆院当選1回生議員との2日目の懇談会に臨んだ。
 首相は、衆参の多数派が異なる「ねじれ国会」に臨む姿勢について、「自民党、公明党、そういうところと話し合って乗り越えていきたい。景気対策も含めて野党としっかり協議したい」と述べ、自民党などとの連携に強い意欲を表明した。
 首相は「3年間じっくり腰を据えて改革していきたい」とも語り、党代表選(9月1日告示、14日投開票)で再選された場合、衆院議員の任期満了近くまで衆院解散・総選挙は行わず、政権運営にあたる考えを改めて強調した。また、政治とカネの問題に関連し、企業・団体献金の禁止を実現する考えも示した。懇談会は国会内で行われ、1回生19人が出席。7月の参院選で初当選した議員も対象だが、参院議員は出席しなかった。午後も行われる予定。懇談会は25日まで。
 一方、首相に対抗し、代表選への出馬を検討している小沢一郎前幹事長は24日昼、都内の個人事務所で、小沢氏の地元、岩手県知事の達増拓也氏と会談。達増氏は「地元では小沢氏の出馬に期待感が高まっている」と述べ、出馬を求めた。小沢氏は笑顔を見せただけだったという。

(引用ここまで)

税制改革(消費税増税)の話なんか消えてしまって景気の話ばっかり。それ自体は正しい方向だと思いますが、税制改革のビジョンはどこに消えたの(?_?)
それにビジョンを話す前に自民党・公明党との話し合いをほのめかすのですから順番がさかさまになっています。
で、この記事についたコメントをBIGLOBEから幾つか。いわゆるネトウヨからのものも含まれているでしょうが、言われていることはみな当然の反応です。

(引用はじめ)
・国会を閉じて経済対策も無策。どうしてこんな奴総理なのか不思議
・解散なし、自公と連携?新人議員の機嫌取りに奔走。これが総理
・こんな二枚舌三枚舌な奴いらねえよ、舌を抜く閻魔様も大変だ!
・この人すっかり「八方美人」に・・・結局「四面楚歌」だけどね。

(引用ここまで)

菅さん、期待はしていないけど、任期の間はしっかりやってね。

自公固辞(ジコウコジ)

「八方美人」で「四面楚歌」。その上「二枚舌」…(T_T)
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 民主党・菅直人政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本一新】日本の変革を成し遂げられるのは、小沢一郎しか有り得ないのだ!【民主党代表選】

 来月1日に告示が迫った民主党の代表選であるが、鳩山前首相がなんとか仲介の労を執ろうと努力しているが、 「国民の生活が第一」を掲げる小沢支持派と霞ヶ関垢悶倶楽部に操られた変節菅一味との全面対決の構図 は変わりようがない!  そして、それを仕掛けたのはあくま...