FC2ブログ

よ~く考えよう♪少数派は大事だよ

344.jpg
最近は二大政党内の話ばっかりだったのですが、今日は別のお話。
現実問題として二大政党が日本の政治を動かしている以上は、二大政党の動きに注目せざるを得ないのですが、それだけで政治が動くわけではもちろんありません。
と、いうわけで、社民党党首の福島瑞穂さんのツイッターから。ツイッターの見方がどうもいまいちよく分からないのですが…(+_+)

(引用はじめ)
mizuhofukushima
https://twitter.com/mizuhofukushima/status/24534501023
議員定数問題、比例区削減は問題で、社民党は、わたしと重野幹事長で、公明党の井上幹事長と漆原さんと会談。比例区削減は問題であり、民意をどう反映するか選挙制度を含めてしっかり議論すべきであり、国会のなかで、多数決で、拙速に比例区削減すべきではないということで一致しました。

https://twitter.com/mizuhofukushima/status/24357735592
厚生労働委員会で児童虐待について質問をしたら、渡辺周総務副大臣が、自治体職員の研修に、児童虐待を盛り込むことや予算をつけるよう努力するなど、前回の質問から踏み込んで答弁。

https://twitter.com/mizuhofukushima/status/23884998284
司法修習生の給費制を堅持するべく、今日は、公明党の漆原さんと話をする。

https://twitter.com/mizuhofukushima/status/22590520733
自殺対策を推進する議員有志の会で、自殺について、取り組みを議論する。ライブリンクの清水さんと一緒に話をする。大臣のとき、自殺対策担当大臣だったが、もともとこの超党派の議員有志の会のメンバーだった。これからもしっかり取り組み、国会で質問をしていきます。

(引用ここまで)

扱われているテーマは定数削減・比例区削減、児童虐待、司法修習生の給費問題、自殺対策などなど。ここに扱われている他にもたくさんあります。
そのアプローチも少数政党同士の連携(公明党が目立つのが興味深い)や、国会質問あるいは超党派の議員連盟と実に多岐。
二大政党は規模が大きいので、その議論はついマクロな視点が中心となり大味になってしまいます。しかし少数政党は小さいがゆえに小回りがきくというわけです(^^♪
生活に密着した小回りのきく議論。二大政党にはない面白さがここにあります。これが本来「第三極」が国会で果たすべき役割なのでしょう。

とはいえありがたくない「第三極」もあるにはあります。ごく直近の民主党の変容、その始まりは元はといえば、先の参院選での「みんなの党」の伸長があるわけです。
第三極が二大政党に影響を及ぼした(もっとも悪い)例です。とはいえ二大政党制が確立したら少数政党の影響力がなくなるわけではないことも、この例で分かるでしょう。
少数政党は、二大政党では手の届かない生活のひだに分け入って、国会論議に活力を与えます。二大政党制が定着すればするほど少数政党の役目は光り輝くことでしょう(*^^)
また定数削減・比例区削減、児童虐待、司法修習生の給費問題、自殺対策といったテーマ自体も小さいながら大変重要です。
ま、他にも言いたいことはたくさんありますが、今日はここまで(^^ゞ

難民化、菅・みんな(ナンミンカカンミンナ)

魏・蜀・呉。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本一新】売国翼賛マスゴミよ!傲慢になるのもいい加減、大概にしろ!【ネガキャン】

 先の参院選において国民からNOを突き付けられながら、 ありとあらゆる策謀と売国翼賛マスゴミの全面支援によって変節奸がまんまと首相に再選 したわけだが、代表選が終わった途端、売国翼賛マスゴミとの枢軸体制は脆くも崩壊した!  そして18日午後、 小沢元幹事長が...

 自民党以外の政党が必要だと思います

今の2大政党やそこから分裂した小政党は名こそ違いますが、やはり自民党だと思います。 自民・民主・公明・みんなの党・国民新党等等は、やはり自民党だと思います。 2大政党の一方は自民党とは真逆の感覚を持つ政党で有るべきだと思います。 社民党、共産党、その他護