FC2ブログ

何でもないような孤島が~♪ リョードでトラブル

350.jpg
尖閣諸島のことではみんな怒っていますなぁ。右も左も「おれだけは別だ」とばかりに怒っています。本当はみんな同じことを言っているに過ぎないのですけれど(^^ゞ
本来、隣の国とどう付き合うかなんて問題はイデオロギーとは無関係。右や左の違いがあったらオカシイのかも。ただ金太郎飴のような言説は困ります。
というわけで『毎日新聞』の引用から。面白い並びのコメンテーターです。個人的には佐高信さんの意見にもっとも近いことを先に表明しておきます。

(引用はじめ)
中国漁船・尖閣領海内接触:中国人船長釈放 識者の話
http://mainichi.jp/select/world/news/20100925ddm041040119000c.html
 ◇衝突回避へ妥当な判断--評論家の佐高信さんの話
 中国の一方的な言いがかりという面が強調されすぎだ。そもそも菅内閣は中国に友好的でない前原誠司外相を起用し、挑発的な人事をしている。中国に覇権主義的な面はあるが、東シナ海のガス田の共同開発に踏み出す協調路線もみられる。今回の事件は断片的、短絡的ではなく、総合的にとらえるべきだ。これ以上日中双方が突っ張れば、互いの国民感情が危うい状況に高まる恐れがあり、釈放は妥当な判断だ。

 ◇司法ねじ曲げ主権放棄--ジャーナリストの桜井よしこさんの話
 那覇地検は「日中関係を考慮した」とコメントしたが、司法が外交や政治を考慮して決定を下すのはおかしな話で、政治が司法をねじ曲げて自らの主権を放棄したのが実態といえる。今回の決定は、北方領土と竹島の領土問題を抱える中、「日本は脅しをかければ何でも言うことを聞く」というメッセージを諸外国に送ることになり、今後の日本外交に与える悪影響は極めて大きい。

 ◇日本外交の大失態だ--元外務省主任分析官で作家の佐藤優さんの話
 まれに見る日本外交の大失態だ。尖閣諸島は我が国固有の領土で、日本の法律を粛々と適用すればよいだけなのに、これを機に尖閣は領土問題化しかねない。中国側にしてみたら大成功で、圧力をかけてこんなにうまくいくとは思っていなかっただろう。しかし、長期的に見れば、中国に対する不信感や警戒感が日本国内で増幅され、中国にとってもプラスばかりではない。

(引用ここまで)

まず検察が政治的圧力に負けた(あるいは忖度した)こと、これを第一番に問題視せざるを得ません。また検察か…、そう思います。ハッキリ言って(-_-)
で、その上で、前原外相のネオコン外交を指摘せざるを得ません。前原大臣は問題発生時に海上保安庁を監督する国交相で、現在は外相。二重に当事者です。
しかも強硬策一辺倒。中国当局とまともに交渉した節が(現時点では)見られません。
そのくせアメリカとの交渉は熱心だったようです。目線がずれています。しかもアメリカには良いようにあしらわれました。アメリカが悪いとかいう話でもない気がします。
中国は悪い国だから交渉の由なし。アメリカも日本の動きに同調するだろう…そんな甘い考えでなかったことを祈りますが、なにせ「偽メール」の人ですからね(-_-メ)
結果だけみれば前原外交は間違いに間違いを重ねたことになります。こういうのを中国では「雪上加霜」と言います(^^ゞ

この件では自民党から共産党までが「尖閣諸島は国際法上認められた我が国固有の領土」という意見で一致しています。
しかし普段隣人と仲良くしていない人が、御近所トラブルの時だけ「正論」を吐いて法廷に駆け込んで、それで勝訴したとしても今後その地域で気持ち良く暮らしていけますか?
怖い物知らずで私見を述べれば中国人船長の釈放は当然。尖閣周辺は現実には「係争地」であること否定すべくもないですから、初めから大事にならない工夫をこそすべきでした。

多難だな 菅外交は 大しっぺい(失敗・疾病)

尖カク・恥カク・見通しカク
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

恥さらし

前原誠司=言えば【失笑】動けば【恥さらし】
今回もやってくれました。
【日本=大恥をかきました。いや、それ以上の屈辱】
ほんと、京都2区の選挙民の方々
次は落選させて下さい~
そうしないと、急激な不幸になります
貧民増加・日本の滅びが早まります

不器用さんへ

> ほんと、京都2区の選挙民の方々
> 次は落選させて下さい~

そこをいえば前原外相には尖閣の問題をこじれにこじれさせ、国民間のナショナリズムを煽ることで自身の権力基盤を強化しようという下心があったと思います。
そんな下心は中国・アメリカからとっくの昔に見透かされていたと思いますが、肝心の日本にそれを見抜く人がいないということです。

挑発し 逆襲されて ギブアップ(お粗末)

No title

尖閣は係争地ですか。誰がいつから係争地にしたのですか-貴君はいつから中国人になったのですか。こんな事を云っている日本人が居るから、中国がその気になりないもしない領土問題を振りかざしてくるのです。大体、日本の新聞は中国名で尖閣を魚釣島とか韓国名で竹島を独島なんて言う事自体不条理で可笑しいのです。日本固有の領土と1898年日本の領土に編入され、その前は中国人は一人も上陸していないし、彼らの島とも言っていないのですよ(1898以前から最近迄)、2004年の中国人二人上陸まで。 『雪上加霜』でも何でも良いから歴史を勉強しすべきです。尖閣は台湾との間にあり、中国が大平洋に出る唯一の安全な海上路線なのです。以前に何度も言いましたが、世界第二の経済国になった中国は、今後経済力と軍事力を全面展開しアジアでの覇権を拡張する意図がありありです、分かりますか-賢人さん。前にも言いましたが、最終的には日本の領土は日本人が守らなければならないし、例え武力に訴えても守らなければならない時は人命を犠牲にしても後世に日本国を残さなければならないのです。 その為に日米安保条約があり自衛隊が存在するのです。平和は軍事力の範囲内で保持維持されるこ事を理解すべきです。外交はその裏付けに範囲内の中での交渉です。 だから、今回の様に中国が一方的に攻めたて、日本は粛々と…なんですか粛々との意味は-何にも出来ないと言うことです。挙句の果てに、片や日本は日中関係を鑑み、釈放-それも一地方検察の判断で?信用出来ませんが、情けないです。まあ、これも菅君を選んだ党員や議員の集まりですから、日本国と言う国は主権も何もないのに等しい国で、何でも金の(経済)為ならやる主義主張もない中途半端な国民と思われても仕方ないし、小沢下しに日夜忙しい菅-仙谷政権では来年に地方選挙は民主敗退でしょうし、衆議院解散にならなければ?話は脱線しましたが、中国、何故、中の国と書くのか知っていますか、賢人さん-世界の(地球の)真ん中と言う意味です-と言うことは世界は中国を中心に動くと言うことです。 そう考えれば、おのずと彼らの野望が理解できるでしょう(黄華文明の再来を夢見ているのです)。 まあ、この後は自分で考える事です。中国や韓国はいやアメリカの民主派も日本人に戦争加害者意識を永久に持たせ、日本国を彼らのおとなしくて、物作りのうまい属国にして置こうとしているのが見えませんか。平和で食べ物に困らないで温室の中で育った人間には世界の潮流など分からないでしょうし、世界は日本を中心に動いているのではないのです。まあ、BLOGで嗚呼でもない、こをでもないと騒いでいる間は責任が無くて良いでしょうが…

aizucowboyさんへ

やれやれ、お久しぶりですな。そして変わらぬcowboyぶり、さすがというかなんというか…(-_-)

No title

自分の国が他国に譲歩し屈服するのが嬉しくてたまらない人っているんですねぇ。「我こそは知的でリベラルで中国の気持ちを理解して平和を愛好する優れた人間、その辺の連中とは違うんだ」として選民意識に浸っている様子が目に浮かびます。

やれやれさまへ

アタマを使えと言っているのです。難しかったですか(^^♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本は外交的弱点を克服できるんでしょうか? (「尖閣諸島中国漁船衝突事件」をめぐって)

  2010年9月7日午前に沖縄の尖閣諸島周辺で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、漁船の船長が逮捕された事件が、2010年9月24日に那覇地方...

「♪どちらも怪我ねでよかったね」中国人船長釈放判断

尖閣諸島で捕まえた公務執行班犯をすぐに放免するのは奇異でもなんでもない。本来、本件に指揮をとるべき菅、前原は海外に逃亡しており責任を逃れ、事実上の最高権力者仙谷官房長官は予想通りの判断を下したということである。これを当然の帰結と見るべきだ。外国人が日本...

 【中国人船長釈放】インド、“中国脅威論”を裏付ける

このインドの方の主張を日本や中国の周辺国の人々は真摯に考える時季だと思います。 中国に今回の日本のように迷惑をかけられている地域・国々は非常に多いです。 日本への期待・日本の責任は大きいはずです。 日中友好も大事ですが先ずは中国周辺国との友好を確立するべ...

海洋権益の拡大狙う中国事情

 機関紙「ジャーナリスト」2010年9月号から、ワールドウォッチを転載します。   尖閣沖の漁船衝突 海洋権益の拡大狙う中国事情        沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺で海上保安庁(海保)の巡視船と中国漁船が衝突した事件。日中両国政府...