FC2ブログ

朝日はサンサン。新聞がサンザン

409.jpg
雪どけ水が『毎日新聞』を取っているのは販売店さんとの人間関係だけで、論調に賛成しているわけではありません。
というか、だんだん新聞を取る理由さえ感じなくなっている今日この頃…(+_+)
あえて取るなら地方紙が良いのかも。新潟県なら『新潟日報』です。東京のローカル紙(?)は『東京新聞』です。昨日の記事で少し紹介しました。
では中央紙は何をやっているのか。『朝日新聞』「天声人語」から。意見の違いはともかくとしてもヒドイ内容ですな。やっぱり。
新聞がいかに庶民の感情とかけ離れているかが良く分かります。ちなみにこの記事はブログ『飛騨民主MAVERICK新聞』で知りました。
同じ「新聞」ならネットの方が頼りになる?!(@_@;)

(引用はじめ)
http://www.asahi.com/paper/column.html
 知米家で知られる先輩記者の松山幸雄さんが、かつて米国の大学で学生らに話をした。日本の「企業ぐるみ選挙」の説明をすると、「それは政治学というより文化人類学の領域ではないのか」と質問され、恥ずかしい思いをしたそうだ▼その松山さんが、「米国の知日派の会合で『小沢一郎氏の力の源は何か』と聞かれるのが一番困る」と言っていた。思想的な牽引(けんいん)力があるわけではない。演説は下手。時々雲隠れし、たまに会見してもレベルの高からぬ話――。それでいて政治のリーダーなのが、彼らには何とも不思議らしい▼たしかに、納得させる答えは難しそうだ。日本人にとっても、小沢氏の輪郭はなぞりにくい。今回も、衆院政治倫理審査会に出ると思ったら、あれこれ駄々をこねている。民主党内はきしみ、またぞろのうんざり感が募る▼よく「司法の場にゆだねる」と言うが、一国の政治リーダーの場合、そう単純ではあるまい。権力をゆだねた国民に、潔白を進んで明らかにする道義的責任を常に負う。それを知らぬ氏でもなかろうに、と思う▼のどに刺さったトゲというより、国政の十字路に転がり落ちて動かぬ巨岩だろう。「与党街道」も「野党通り」も渋滞し、クラクションの音ばかり大きい。岩に足が生えぬなら、動かすしかない▼昔、元首相の吉田茂が「反対党は嫌いだが、反対党が強くないと内輪がおさまらない」と言っていた。言にならえば、民主党の内輪もめは野党の弱さゆえだろうか。週明けからの国会、政治学の領域の熟議が聞きたいものだが。

(引用ここまで)

まず「知米家」とか「米国の大学」とか「米国の知日派の会合」とかイヤミですな(-_-メ)
いや、このブログを読みに来る方は、だいたい小沢一郎氏の政治姿勢に共感を抱いている方でしょうから、まずそこに引っ掛かるでしょう。
ま、雪どけ水だって気にならないはずはないですけど、今の新聞にほぼ例外なくこんなもの。それだけならあえて『朝日新聞』を指名して批判する必要はありません。
実は一番腹が立ったのはこのくだりです(-_-メ)
「日本の『企業ぐるみ選挙』の説明をすると、『それは政治学というより文化人類学の領域ではないのか』と質問され、恥ずかしい思いをしたそうだ」
いや「企業ぐるみ選挙」は確かに恥ずかしい。恥ずかしい日本文化(?)の一つではあります。そこを批判するのは当然です(^_^)
しかし「企業ぐるみ選挙」が一番盛んだったのは80年代の半ばごろ。バブル時代の話です。
『朝日新聞』はそのころ「企業ぐるみ選挙」など、まったく報道もしなかったくせに今さらになってなぜこんなことを言い出すのか。
本当に「恥ずかしい思いをした」のなら、その当時に批判するべきだったのです。本当に「恥ずかしかった」というのなら…です(-_-)
あるいは、未だに企業・団体献金の廃止に踏み切らない二大政党こそを今この場で批判するべきでした。形は違っても「企業ぐるみ」の政治が続いていること疑いを入れません。
あるいは、もっとも「企業ぐるみ選挙」が盛んだったのはTOYOTAだったといわれます。ならばTOYOTAの企業体質を批判するのもアリでしょう。
『朝日新聞』はそのいずれもしなかったくせに、まるで他人事のように、「企業ぐるみ選挙」なんて私は分かっていましたよ…と言わんばかりです。この偽善振り。
庶民よりは企業が大事。ただアメリカから指摘された場合は恐れ入って見せますよ…そんなマスコミの傲慢振りが良く分かる1月22日付の「天声人語」でした(+_+)

新聞死(シンブンシ)

記者クラブの文化人類学的考察(イヤミで言ってみた)
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

コメント

こんばんわ

色付きの文字TB有難うございます。いま朝日の社説を読んで、あらら、社説の方も酷いと思いました。政治倫理に反する事実があるとの疑惑を持たれたらって、反する事実って何ですか?小沢さんは何回も説明してる。秘書達の起訴そのものも先入観による起訴と判明するのも時間の問題と思える。兎に角相手は、何をやっても証人喚問を要求してくることは明らか。証人喚問をやってもらおうじゃないかって思います。

No title

 「企業ぐるみの選挙」って、それを言う相手はフランケン岡田だろうが!
 ・・・と突っ込みたくなったのはオイラだけではないはずです。

YAMACHAN さんへ

新聞の論調って最近ヒドイですよね。
小沢問題だけでなく…ロコツに金持ちの肩を持つ(+_+)

junk_in_the_box さんへ

>「企業ぐるみの選挙」って、それを言う相手はフランケン岡田だろうが!

まさに正論!!(^O^)
それにしても岡田ってフランケンとかモアイとかゴーレムとか変なあだ名ばっかり。それだけ人間味に欠けるってことですね。

No title

ちなみに、東京新聞は東京のローカル紙では、ないでしょう。
関東の一都六県、静岡県東部に販売しております。(私の住んでる神奈川県でも買えます)
さらに、中日新聞グループの一つであり(東京新聞の正式な会社名は「中日新聞東京本社」です)、主要記事は、中日新聞と同じです。よって、ローカル紙ではあっても、その地域はかなり広く、他ローカル紙と同等に扱うこどはできないでしょう。
読めばわかりますが、記事は全国紙と変わらない内容です。私としては、読、朝、毎などの全国紙よりも、良質な新聞に思えます。
さらに言いますと、購読者数はグループで約330万部(東京新聞は55万部)で、ローカル紙ではダントツで、毎日新聞の購読者数に迫るぐらいの、「支持者」を獲得しています。
(ちなみ、私は中日新聞、東京新聞の人と、知り合い、関係は一切ありません)

No title

はじめまして、kappaと申します。

さてさて・・私はゴミ売り(読売)新聞も、チョウニチ(朝日)新聞も、毎日読まれない新聞も購読していませんが、大昔から新聞社の構図は理解しているつもりです。販売店と本社の関係とか、公表販売部数、折込チラシ、本社からの買取価格、本社から押し込まれる無駄紙・・・。
まぁ、新聞で部数を誇るならば昔であれば「人民日報」「プラウダ」。
日本で言えば「ゴミ売り」「チョウニチ」・・・・まともなはずがない。
部数を誇るということがいかにオバカなことか・・・自分でオバカを宣伝している。

テレビ欄、株式欄、天気・・・・あとは今日は何日だったかを・・・見るためだけに存在するようなもの。

東京新聞(名古屋の友人は中日新聞を称えていますが)は、その中ではまれな会社ではあります。
部数を誇らないところがいいですね。

まぁ、他紙は昔から便所紙程度だと思いますよ。

みどりさまへ

> 読めばわかりますが、記事は全国紙と変わらない内容です。私としては、読、朝、毎などの全国紙よりも、良質な新聞に思えます。
> さらに言いますと、購読者数はグループで約330万部(東京新聞は55万部)で、ローカル紙ではダントツで、毎日新聞の購読者数に迫るぐらいの、「支持者」を獲得しています。

なるほど(^_^;)
さらにいえば『東京新聞』が比較的良質な記事を載せられるのは、系列のテレビ局がないからだと思いますね。(もしあったら、ゴメンなさい)

kappaさんへ

> 部数を誇るということがいかにオバカなことか・・・自分でオバカを宣伝している。

ブロガーでもランキングと読者数ばかり気にしている人がいますね。ああなると本文もツマラなくなってしまいます。
3か月『雪裏の梅花』読んだら洗剤あげる…とか言ってみようかな(^^ゞ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカのマスコミ: 意見を売って、ニュースと呼ぶ

Prof. John Kozy Global Research、2011年1月14日 アメリカのジャーナリスト達はネタさがしに熱心な記者というわけではない。彼等は連中の雇用主が売りたがっている商品を売っている売り子にすぎない。現在、テレビのニュース・キャスターを務めている多数の美男美女連中

事件のひな型&記事のひな型

 今から28年前、つまり西暦1983年、昭和でいうと58年に刊行された ”田中角栄の読み方”(高野孟著) という本がある。 その中の文章を引用しもって登場人物・場所を入れ替えてみた。 そしたら、今回の西松・陸山会事件とロッキード事件があまりにもそっくりなので驚くや...

再録紀行 41

現代中国政治新版 リベラルを嫌う方でもこの「石橋湛山賞」受賞者の評論は、ほとんどの本の一読を奨めたい。論の組み立てが説得力がある。 本書は学術書、研究書なので、教科書な...

再録紀行 42

小沢一郎政権奪取論 下記の本文でふれているように、これもまた学究的なオーラル・ヒストリーである。 この時、顔の表情、録音した生の声を一部でも聞けるならば、電子書籍化の値...

再録紀行 43

アジアに接近するロシア 本書は古書で元々手に入れたもので、手に入る文中の関連書籍を、興味のある方は読んでもらいたい。電子書籍化、そういう形は、こういう本に出会うたびに頭...

再録紀行 44

 この著者は再版をしないと聞き及んでいるが、それからして本書、品切れ・絶版である。 兵学を文献的にその後の過程で、軍事戦略、戦術から兵器全般がどのように変遷したか、それ...

再録紀行 50

福沢諭吉と中江兆民 中央公論社、その新書、余程のことがない限りは品切れ・絶版ということはない。岩波新書より徹底しているのではないか。 前回も書いたが、こちらも多数意見を...

再録紀行 51

 品切れ・絶版である。定番のPHPで、類書があるので今回は目くじらたてることもないと思う。 また両論併記のことになる。冷戦後も出版社により左右の色が残っている。いつまで...

再録紀行 52

 品切れ・絶版である。こうことは、PHP新書と並ぶのではないか、この集英社新書も。あまり推薦はできかねるが、それでもそれは残念である。愚書にも価値はあるといったら、嫌み...

再録紀行 53

もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...

再録紀行 54

 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...

再録紀行 57

【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...

再録紀行 60

環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...

再録紀行 61

いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...

再録紀行 62

拡大ヨーロッパの挑戦 政治的な理想が必ずしも希望どおりの道のりをたどらないのは、国際政治のイロハかもしれない。 EUはその後、経済的にギリシャ国債の格下げ、信用の収縮で...

再録紀行 63

【送料無料】日朝関係の克服増補版 姜尚中の本はよく読まれている。わたしは氏の論旨にはほとんどといってよいほどついてはいけない。 しかし、読みもしないで批判だけする、そう...

再録紀行 64

【送料無料】日中戦争価格:1,470円(税込、送料別) この本は読み応えの点では格別なものがあり、いまも細部にわたり記憶している。読んでもらいたい、読んでいただけないと俗に「...

再録紀行 65

 是非とも読んでもらいたい、そう思うと何故か品切れ・絶版ということになる。ご存じPHP、と、揶揄(やゆ)したくなる。 対談集、活字化するときには、手直しが入るのは仕方が...

再録紀行 66

 一流出版社の有能な編集者の退社が相次いでいると、ブログで報告があった。話題のIP革命、電子書籍への流れのいっかんで、小資本でも可能なので、ベンチャー企業としてチャレン...

再録紀行 67

【送料無料】激動する世界と日本再建の課題 評論家に脂がのっているというのは、失礼な言い方になるだろうか。この中西輝政は、保守主義の4番バッターであるか、そうなってほしい...

再録紀行 68

 本文に書いているとおり、聞き耳もたない膠着化した左派の論説である。が、しかし、いまは左右、中間、それぞれの論調も同じようになりつつある。なっているといいきってもよいほ...

再録紀行 69

【送料無料】実は悲惨な公務員 『限界芸術論』でカルタ思考といったのは鶴見俊輔である。こうといえば、こうと反応する思考のパターン化、これを日本のカルタ取りから分析した。そ...

再録紀行 70

【送料無料】誰が日本の医療を殺すのか 不眠不休の医療の現場、それを分析した新書である。 名医の紹介をよくテレビがするようであるが、こうした実体を電子書籍で、動画をのせて...

再録紀行 71

 テレビを全く視ないわけではない。ほとんど録画した囲碁、将棋、そして「たかじんのどうでも委員会」だけは、日をおいて視る。「ゲゲゲの女房」や「てっぱん」などは例外である。...

再録紀行 72

【送料無料】散るぞ悲しき 出版には読者の関心の高まりなど、企業としての業績に直結すべく、時期というものがある。それ自体を否定はしない。その利益が、それを度外視した書籍が...

再録紀行 73

【送料無料】日本文明の謎を解く 普通の読書人ならば、未知のジャンルにあえて取り組もうとすると、どういう著者の本がよいのか、正直、迷うのではないか。信頼できる著者からの推...

再録紀行 74

【送料無料】首相官邸の決断 この時期の読書、このオーラル・ヒストリーといわれる、新しい学術研究にのめり込んでいた。 再三、再四、くどいようではあるが、これを電子書籍化す...

再録紀行 75

【送料無料】脱フリーター社会 国内政治における、政策課題は多くなっている。さまざまな利害が、問題の当事者だけではなく、国、地方との関係もある。愛知、大阪でもわかるように...

再録紀行 77

 品切れ・絶版である。決まり文句になるのがさびしい限りである。北朝鮮の核、拉致など、それがオピニオン誌上で大問題としてにぎわわせたのが、これを書いた当時の時流である。 ...

再録紀行 78

 この本は、本というよりはパンフレットという方が適切だろう。品切れ・絶版である。 IP革命という言葉をもちいるが、それはいま時の話題になっている、個人認証に関わるIPア...

再録紀行 80

 この「再録紀行」という題では最後になる。だが、過去ログを紐解くことは打ち切りとしない。 本書、品切れ・絶版である。このようなことをアフィリエイトとして、調べ、巻頭にバ...

再録瞑想曲 1

 IP革命、期待の新商品アイパッド2の日米欧の同時発売から、日本だけが取り残された。最新機器だけでなく、その他の新製品も、日本の国家的な存亡に関わる、今回の東北関東大震...

再録瞑想曲 2

 ツイッターに押され気味のブログですが、電子書籍、これを読みながら、すぐにも感想というか、意見などを、その場で「ツイッター」で書き込めるようになるかもしれませんよ。「こ...

再録瞑想曲 3

 新発売のアイパッド2、もちろん電子書籍のためだけにあるのではないですよね。多種多様な機能が網羅されていますが、ぼくの関心はその一点にあります。どのような使い勝手になっ...

再録瞑想曲 4

 アイパッド2の発売で、電子書籍の期待は否が応でも高まりますよね。水面下では着々と、その本、雑誌類のコンテンツが開発の余念がない、再三再四、指摘してきたとおりです。いよ...

再録瞑想曲 5

 新規公開、それこそ意固地(笑)になってしていないのではないですよ。詳しくは、それこそ偉大な(笑)サーチエンジンで「フラフラ賢夫人の国際交流」という記事で書かれています...

再録紀行 70

【送料無料】誰が日本の医療を殺すのか 不眠不休の医療の現場、それを分析した新書である。 名医の紹介をよくテレビがするようであるが、こうした実体を電子書籍で、動画をのせて...

再録瞑想曲 2

 ツイッターに押され気味のブログですが、電子書籍、これを読みながら、すぐにも感想というか、意見などを、その場で「ツイッター」で書き込めるようになるかもしれませんよ。「こ...