FC2ブログ

あ「一に雇用」って徴兵制だったのね。よく分かりました(_ _)

411.jpg
さて今日も仕事で面白くないことがあったので、菅総理の悪口を言ってストレス解消をすることにしましょうか。(投げやり)
ま、冗談はさておき、実際にはストレスがたまるような話です。『池田香代子ブログ』さまから紹介します(^_^;)

(引用はじめ)
「自衛隊員と海兵隊員は血を流す」と菅首相は言った
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51742685.html
(略)それは、去る20日に行われた菅首相の外交演説です(動画はこちら)。年明け早々、国会召集もほっぽらかして民間の集まりで外交演説とは、ネット番組出演とならんで、新鮮な試みには違いありません。でも、その内容は寒々しいものでした。外務省や経産省の官僚から集めた短冊の切り貼りみたいなそらぞらしさの中に、聞いていて血が逆上するような言葉がちりばめられていました。まず、グローバリゼーションを言うのに、国家を超えた問題として、ネットへの情報漏洩、テロ、環境をあげましたが、多国籍企業や、ギリシアなどでは国家を破綻の淵まで追いやった国際金融マネーや、世界的な穀物高騰を招いている国際投資マネーの問題はパスです。これらパスした問題こそが、現下の世界を揺るがせ、危険なほどに不安定にしているのに。そして菅サンは言ったのです。冒頭7分半あたりです。
「はたちにも満たない若い自衛隊員や海兵隊員が、いざというときには血を流す覚悟で任務に当たっていることを忘れてはならない」
それは、日米同盟を深化させるためだそうです。それにかんして渡米してオバマ大統領と話し合うのだが、それには「沖縄の普天間飛行場の移設について、粘り強く取り組んでいくことが大変重要」なのだそうです。この文章の組立からは、どの方向に「粘り強く取り組んでいく」つもりなのかは明々白々です。なんとしても沖縄に基地新設を飲ませる、ということです。
「血を流す」と、菅サンは言ったのです。前任の鳩山さんは、自前の防衛を考えねば、というようなことを、まるでイタチの最後ッ屁みたいにつぶやいて退陣した方ではありましたが、あの国会演説の冒頭では、力みすぎて裏返った声で「命を守りたい」と言いました。そのスピーチをいっしょに書いた平田オリザさんという優れた文学者の力を感じます。それと菅サンの年明け早々の「血を流す」発言。あまりの違いに、頭がくらくらしてきます。政治家は、若者に血を流させてはいけないのです。血を流させないような政治をしなければいけないのです。それが、若者の血を前提とする政治をするのだと。この方は、言っている言葉の意味がわかっているのかと、疑わざるを得ません。頭に血が上るとはこのことです。「雇用、雇用」と連呼したとき、この方の念頭には若者のことがあったはずです。若者の雇用じゃなくて若者は「血を流す」ですか。あるいは、「血を流す雇用ならありますよ」ということでしょうか。

(引用ここまで)

動画というからYouTubeかと思ったら政府インターネットテレビでした。ようするに政府公認で皆に聴いてもらいたい演説ってことです。
(演説とは関係ない部分ですがYouTubeに比べて動画が重い印象。パソコンが悪いと言われればそれまでですが、改善を望みます)
で、聴いてみたら、なるほどひどい。雪どけ水は池田香代子さんよりは線の太い人間だと思いますが、怒りと気分の悪さで卒倒しそうになりました(+_+)
池田香代子さんも言う通り中身は「短冊の貼り付け」です。空々しいというより支離滅裂。ブツ切りの文章でまとまりがありません。聴いていた人も困ったのでは??
で、問題の個所。確かにそう言っていました。しかも前振りとして菅総理の夫婦生活が例に挙げられます。
40年の夫婦生活をお互いに努力しあって上手くやってきた…。ま、それは個人としては美徳でしょう。(あの奥さんだし^^;;)
しかし、その後すぐに、日米関係も努力が必要と「若い自衛隊員や海兵隊員が、血を流す覚悟で任務に当たっている」と続くのです。
例がグロテスクすぎます(いや奥さんがという意味じゃありませんよ^^;;)夫婦が上手くやるためにする「努力」と「血を流す覚悟」。しかも「はたちにも満たない」若者の…。
自分が安全地帯にいるという自覚がなければ決して出てこない冷酷な発言です。
聴いている人たちも自分が安全地帯にいると思えばこそ、菅総理のジョーク(?)を笑って聞いていたのでしょう(-_-メ)

雪どけ水が言いたいことは、池田香代子さんのブログですでに書かれています。

「『雇用、雇用』と連呼したとき、この方の念頭には若者のことがあったはずです。若者の雇用じゃなくて若者は『血を流す』ですか。あるいは、『血を流す雇用ならありますよ』ということでしょうか」

秘書を兼ねる実子の菅源太郎氏はこの発言をどう聞いたのでしょうか。もっとも「総理の息子たる俺も安全圏入り」と思っただけかもしれません(T_T)

「血を流せ」 冷血菅に 血が上り

自衛隊<海兵隊<日本の指導者≪米国の指導者
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大西洋共同体(NATO)に日本を組み込む ブレジンスキー

『オバマ危険な正体』(ウェブスター・タープレイ著)にはブレジンスキーの著書『セカンド・チャンス』の話がでてくる。 同書、185ページから引用しよう。 ブレジンスキーは、オバマの外交政策を担当しているだけではない。オバマのイメージ戦略を、あらゆる意味で創り上