FC2ブログ

ただちには・当分・念の為…枝野流詭弁術

458.jpg
事態の展開が早いですな。東京23区で乳児向けの水道水使用制限です。まさかここまで放射線物質の拡散が早いとは…(@_@;)

(引用はじめ)
水道水から放射性ヨウ素=乳児飲用基準の2倍―東京都
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000075-jij-soci
 東京都は23日、金町浄水場(葛飾区)の水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍に当たる放射性ヨウ素131を検出したと発表した。同浄水場の供給先の23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹の5市に居住する住民に対し、乳児の水道水摂取を控えるよう要請した。
 都水道局は、同基準について「長期にわたり摂取した場合の健康影響を考慮して設定したもので、代替となる飲用水が確保できない場合は、摂取しても差し支えない」と説明。石原慎太郎知事は「今後も継続して検査結果を公表していくので、水の使い方を冷静に行ってほしい」と呼び掛けた。
 水道局は、福島第1原発の事故との因果関係に関しては、「どう水源に影響したかは分かりかねる」としている。また、厚生労働省も「気象条件が重なったかもしれないが、調べてみないと分からない」と話している。
 食品衛生法に基づき定められた、乳児向け飲用基準の厚労省の暫定規制値は1キログラム当たり100ベクレル。22日午前9時に同浄水場で採取した水道水からは2倍以上の210ベクレルが検出された。23日午前9時採取分では190ベクレル(速報値)だった。乳児以外向けの規制値300ベクレルは下回っている。放射性セシウム137は検出されなかった。また、同水道局の他の浄水場の放射性ヨウ素の値は、22日午前9時時点で朝霞浄水場(埼玉県朝霞市)では検出されず、小作浄水場(東京都羽村市)が32ベクレルだった。
 
(引用ここまで)

いったい何人の乳児がこの区域にいるのか。水道水を飲むなと言われても簡単には切り替えられません。結局は自己責任で水道水を飲むことになるのでしょう…。
金町浄水場から福島第1原発までは直線で約200キロ。昨日(22日)の記事で半径200キロ圏内は汚染されている可能性があると書きましたが、その通りになりました(+_+)
日本政府はこの事態に関してどう言っているかというと、まあ能天気なものです。BIGLOBEについたコメントも一緒に載せますので御覧ください。

(引用はじめ)
水道水「通常利用問題ない」=官房長官
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0323/jjp_110323_8874347922.html
枝野官房長官は23日、都水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍に当たる放射性物質が検出されたことについて「大人、普通の子どもが飲用する分には全く基準以下で問題ないし、生活用水での利用も問題ない」と述べた。

(BIGLOBEでこの記事に付いたコメントから)
(怒)ならば枝野さん、そのお水ゴックンゴックンのみなさいよっ
(怒)大気、野菜、問題無い→汚染拡大!お前の発言は誰も信用しない
(呆)問題ない?ではナゼ世界中で原子力が危険視されるんでしょう?
(哀)乳児は毎日数回もミルクを飲む必要があるのに、問題ない?

(引用ここまで)

ハッキリと指摘しますが枝野官房長官は「問題がある」ことをちゃんと認識しているはずです。認識したうえで、あえて「問題ない」とウソをついているのです。
繰り返しますが、枝野官房長官はウソをついているのです。問題があることを日本政府は知っています(-_-メ)
それはそうでしょう。問題があると分かっているからこそ、いま福島原発には消防庁や自衛隊、果ては米軍までが協力して動いているのです。
もし何も問題がないのだったら、人員と資金をこんなに福島に貼り付けておく必要がありません。
その分だけ被害の大きい岩手や宮城に振り分けることができれば、もうちょっと多くの人を助けられたでしょう…(T_T)
東京電力が一時、事故現場からの撤退を検討し始めた時、菅直人首相はわざわざ東電本社に乗り込んでこう言ったとされます「東日本が潰れるかどうかの瀬戸際だ」と。
被害は東北だけに止まらず関東地方も含んだ東日本全体に及ぶ…これこそが政府の抱いている冷徹な認識です。
地震・津波の被害にヒト・カネの分配を許さない。将来起こるべき「健康被害」の巨大さを政府が認識していることの動かぬ証拠といえましょう(-_-メ)

こんなことはリテラシーがどうしたとかいうレベルの話じゃない。新聞記事に接するだけで充分摂取できるレベルの情報です。
それなのに未だに「健康に問題はない」と言い張る人がいるのはどういうことか。悪い意味での悲劇慣れ、あるいは最悪を直視したくない心の表れかもしれません。
ちなみに事故処理に東京電力が費やす資金は膨大なものです。このレベルだと東電倒産もあり得ます。

(引用はじめ)
福島第1原発:東電が緊急融資要請 7行で1兆数千億円
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110323k0000e020028000c.html
 東日本大震災で福島第1原発が深刻な事故を起こすなど大きな被害を受けた東京電力が取引先の金融機関に対して、最大2兆円規模の緊急融資を要請したことが、23日明らかになった。要請先は三菱東京UFJ、三井住友、みずほコーポレートのメガバンク3行と住友信託銀行など信託4行の7行で、月内に1兆数千億円規模の融資を実施する方向で調整している。政府も日本政策投資銀行を通じた東電への緊急融資支援を検討する見通しだ。
 東電は緊急融資を、福島第1原発の事故への対応や電力供給能力回復のための火力発電所の修理、火力発電へのシフトに伴う燃料購入に充てる。東電からの要請を受けて、三菱東京UFJなど大手3行はそれぞれ数千億円の緊急融資に応じる方向で、東電と最終調整している。ただ、福島原発の動向や燃料相場の動向次第では、さらに融資必要額が膨らむ可能性があるため、民間金融機関分とは別に、政府系金融機関の政投銀も融資を検討する見通しだ。
 東電は従来、社債発行など主に市場での資金調達で運転資金や電源開発費用を賄ってきたが、今回の深刻な原発事故を受けて、市場での調達は困難な状況。このため、取引先金融機関に巨額の融資支援を要請した。【清水憲司】

(引用ここまで)

2,000,000,000,000円の緊急融資ってどんなだよ(@_@;)
何度も言いますが、もし大した問題が起こらない程度の放射能汚染だというのなら、なぜこんな資金リスクを電力会社のみならず金融機関まで背負わなければならないのか?
同様に被害が大きいはずの東北電力はこんなことを要請していません。
まだ納得がいかない人はどうぞ反論して下さい。もっともそんな人に限って冷蔵庫にミネラルウォーターの買い置きがありそうですが…(^_^;)

こじれ事故(コジレジコ)

エダノよりエガシラ。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

コメント

いのちの水

・やはり現実問題となってしまいましたね。
・今回の問題発生当時から私は“水”の事が重要だと言っていたのですが……。
・以下は[今月16日],或るブログの記事にコメントしたものの一部です。

【この期に及んで,ことさら不安を煽(アオ)るつもりはさらさらありませんが,みんな落ち着きすぎて何か大事なことを忘れているように思います。

・それは,今回の福島原発の爆発により大気中に放射能を含んだ物質が放出され,関東各地でも通常とは異なる高い数値の放射能が検出されたという。

・ということは,つまり関東に住む人々の命の源である“水源”が既に汚染されたということではないのか。

・そういった事柄がまったくふれられない。いくら屋内に避難しても,汚染された水を飲めば[体内被曝]につながるのではないか。

・政府(総理,官房長官)は,“冷静”にとか,“落ち着い”てとか,まことにノー天気としか思えないような事を言っているが,これがどうして落ち着いていられよう。
・石原“都知ジィ”も都の最高責任者として,この件について早く何らかのコメントを出す必要があろう。】

問題は汚染された水をどうやって元にもどすか。
東日本大震災対策の予算が出されたみたいですが、そちらにもできたら力をいれてほしいですね。

SPIRIT(スピリット)さんへ

> 問題は汚染された水をどうやって元にもどすか。

女王様のお水なら安全でしょう。【何んとなく下ネタ】

隠居さんへ

> ・やはり現実問題となってしまいましたね。

現実になってしまいました(>_<)
浄化にはお金がかかりますが、震災でダメージを負った金融機関が国債の受け皿になれるかどうかが気になります。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北方四島は返却すべきだ(モスコフスキー・コムソモーレツ)

モスコフスキー・コムソモーレツ紙 № 25594 2011年3月18日 主婦の目で見る暮らし 日本に北方四島を返却すべきだ。今すぐ、ポンと贈呈しよう。無償、無条件で。日本人が四島の権利を持っているからではなく、我々が、一種の圧力に屈するわけでもなく、あるいは、そういう

東電と国は「想定外」という言葉はNGワードにすべき

「このような大震災は想定外だった」という東電の言い訳がよく聞かれましたが、実は「想定内」だったこと、そしてその想定に対する備えもしていなかったことをメモしておきます。 全文はリンク先をお読みくだ...

フランスの独立系原子力監視機関が報じる2011年3月21日の福島原発の記事

   フランスの独立系原子力情報センター、「CRIIRAD」の2011年3月21日11時(日本時間で同日19時)の発表記事を読んでみましょう。ここに含まれるいくつかの情報、たとえば、「ホウレンソウの汚染が27倍」...

原発行政続行のパホーマンスをする政府

泊原発の安全対策 国、北電に申し入れ 高橋知事と4町村長(03/23 14:33)  高橋はるみ知事は23日、東日本大震災に伴う福島第1原発事故を受けて泊原発周辺4町村長と道庁内で意見交換し、泊原発の安全...

絶望以外の選択肢はない、一喜一憂するな

危機を煽るべきではないと控えてきましたが、もうやけくそです、批判承知で思うことを以下に述べます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー実に ...

資料 原発事故 23 まやかしが本質の日本というシステム 

何が恐いかというと・・・原発事故よりも日本のシステムなのですおのまが常々書いてきた日本の官僚のそして金魚のウンコマスメディアのおどろくべき本質が分かる動画ですからようく見てください 日本人よ、もっとしつこく考えなさいということです