FC2ブログ

「内部被曝」はない…はずがない!!

498.jpg
すでに校庭の20mSv問題は膠着状況を迎えつつあります。
唯一現実的な解決方法は、校庭の土を入れ替え、汚染土を福島原発の敷地内に捨てること。
ですが、住民や自治体の反発が予想され、なかなか困難な事業であることは以前の記事でも紹介しました(_ _)
事実、汚染土の除去は処理場の選別で行き詰まり、児童・学童は被曝の危機にさらされています。

国の対策の最大の問題は「内部被曝」の存在を未だに公的に認めていないことです。
昨日(12日)に記事で書いた通り、国の立場はヒロシマ・ナガサキからずっと「内部被曝」の可能性を排除することで変わっていません(-_-メ)
なぜ放射性ヨウ素やセシウムについては検査するのに、ストロンチウムやプルトニウムに関しては野放しなのか…。
なぜ食品や飲用水の基準値が、諸外国に比べて高めなのか…。
なぜ見識あるはずの学者たちが「ニコニコ笑っている人に放射能の害はない」などと、およそ常識では考えられないような奇妙奇天烈な珍説を流布しようとするのか…。
これらの理由は皆一か所からきています。国は「内部被曝」の存在を認めていないのです。これはヒロシマ・ナガサキの頃から一貫した態度なのです(-_-メ)

これは日本一国の判断ではなく、アメリカの核戦略とも絡んで決められた(?)ものです。ですからなかなか変わりそうもありません。
ひとまず過去の話は置いて、緊急の事態に備えなければなりません。喫緊の課題は子どもたちの被曝をいかに小さくするか、です。
「内部被曝」を少なくするための工夫はひとまず以下のサイトが参考になります。(pdfです)
↓↓↓
http://hiroshima.pico-tech.net/wp-content/uploads/2011/04/%E9%8E%8C%E7%94%B0%E4%B8%83%E7%94%B7%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%A9%B1.%EF%BC%88%E6%97%A5%E4%BB%98%E5%85%A5%E3%82%8A%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%89%88%EF%BC%89__.pdf

ですが、マスクを着用することや食品に気を配ることを長期間続けることもまた困難です。結局は子どもを避難させることが必要となるでしょう。
そのための活動が始まっています。被災者は堂々と避難をして良いし、そうするべきなのです。不足は国と東京電力に要求して何の問題もありません。
と、いうより、むしろ、それこそが当然の権利でしょう。もしそれをとがめる人がいたら、かえってその人こそが社会的に糾弾されるべきなのです(-_-メ)
前振りが長くなりました…m(_ _)m

(引用はじめ)
Moms & Children Rescue FUKUSHIMAとは
http://www.mcr-fukushima.net/
妊婦さんと乳幼児を一刻も早く30Km圏、
及び放射能の値の高い地域から避難する事を強く願い、
個人レベルでも声を上げて行動しようというプロジェクト。

原発事故レベル7の福島県にいる、
放射能の影響をうけやすい乳幼児、妊婦の方を
一刻も早く避難させる為の署名に
どうかご協力をお願い致します。
署名は内閣総理大臣宛に提出。
時間は一刻を争います。
どうか、宜しくお願い致します。

署名PDFはこちら
http://die-alive.com/syomei.pdf

同時に賛同者も募集しています。
ご賛同頂ける方はこちらまでご連絡下さい。
mcr.fukushima@gmail.com
※お名前、肩書き、(リンクを貼っていい方はurlをご明記の上)

【署名送り先 】
〒160-002 
東京都新宿区新宿4-1-22新宿コムロビル702(私書箱)
mcr.FUKUSHIMA宛

賛同者のご紹介 (順不同)※賛同頂いた順番に記載しています
◎高 仁範(ドラマー)
◎鎌仲ひとみ(映画監督)(「六ヶ所村ラプソディー 」「ミツバチの羽音と地球の回転 」)
◎田中優 (未来バンク事業組合理事長、「ap bank」監事)
◎三宅洋平(音楽家)
◎小中進(元山口県県会議員)
◎サエキけんぞう(ミュージシャン)
◎福島みずほ(弁護士・参議院議員・社民党党首)
◎中川敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)
◎森ゆうこ(参議院議員・民主党)
◎岩上安身(ジャーナリスト)   
※他多数
(引用ここまで―賛同者は雪どけ水による抜粋・紹介)

繰り返しになりますが、政府方針は「内部被曝」を根本的に認めていません。
もともと「内部被曝」を見極めること自体が難しいのですが、官僚たちはそれ以上に、ヒロシマ・ナガサキまで遡って政策を変更しなければならなくなるのを恐れているのです。
そんな対策には、何の実行性も期待できないでしょう…(-_-メ)

なお、いま実際に被曝の可能性を有する人は日々の健康状態に関する記録を、日記風で良いから付けておくことを勧めます。
後の証拠になりますし、治療の際の指針にもなります。それから異常を感じたらダメモトで早めの受診を!これはミナマタからの教訓でもありました…(>_<)

署名、多め良し(シヨメーオーメヨシ)

与党の政治家はフル防備で視察。迎える市民は平服。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : ほっとけない原発震災 - ジャンル : 政治・経済

コメント

署名しました

こんばんは。
署名のお知らせ、ありがとうございます。
さっそく、署名しました。
明日には郵送します。

らすかるさんへ

> さっそく、署名しました。
> 明日には郵送します。

雪どけ水も署名します。
行動する者は、良く生き残る者です(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思いやりの心を大切に~長野県北部地震の現場から

こんにちは。 私は長野県長野市に住んでいますが、今朝の「信濃毎日新聞」を読んで、長野市民としては本当に情けなくなってしまいました。 朝日新聞で言えば「天声人語」に当たるコラム「斜面」5月14日朝...