FC2ブログ

フィリピンの脱力系・脱原発(=脱基地)

499.jpg
ふうううん。いろいろな試みがあるものですなぁ。知っておいて損はない記事なので紹介いたします。

(引用はじめ)
フィリピン:休眠原発を観光名所に 「福島事故理解促す」(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110514ddm007030124000c.html
 【マニラ矢野純一】フィリピン観光省は、同国で約四半世紀にわたって稼働しないまま休眠中のルソン島中部にあるバターン原子力発電所を「観光名所」にする。同省はすでに同原発を管理する国営フィリピン電力公社とも協議中で、今月中にも観光ツアーを始めたい考えだ。
 ツアーでは、一度も稼働しないまま、新品のまま残っている原子炉内やタービン施設、制御室などを約1時間かけて見学してもらう計画。観光省は、「東京電力福島第1原発で何が起きたのか、理解してもらうこともできる」と話している。同原発はマニラから車で約3時間の海岸沿いに建つ。加圧水型軽水炉で出力は62万キロワットを計画していた。マルコス政権下の76年に着工、23億ドルを投じて84年に完成した。
 しかし、同政権を倒したアキノ政権が86年、「地震対策など安全性に疑問がある」として核燃料を注入しないまま廃止を決定した。

(引用ここまで)

一度も使わないまま、完成した原子炉を廃炉にするとは思いきった決断をしたものです。
これこそ「政治決断」でしょう。日本みたいにオ官僚サマが全てを牛耳っている国家なら、こういう決断は下せません(^_^;)

「同政権を倒したアキノ政権が86年、『地震対策など安全性に疑問がある』として核燃料を注入しないまま廃止を決定した」とは日本の現状を考えれば皮肉です。
86年とは言わないまでも、地震対策を理由に原発計画を見直すくらいの見識が日本の為政者にあったなら福島原発が破綻を迎えることもなかったことでしょう(+_+)
もし観光地として公開されたら真っ先に東京電力(そのころまで残っていたら)の社員研修場にするべきでしょう。いや、社員より役員かも。

それにしてもフィリピンはなかなかできる国なのですな。経済こそ小さい国ですが、政治の方はなかなかです。
ある意味で日本以上の従米国家でありながら、米軍基地の撤退も実現しています(^_^)

(引用はじめ)
対等な日米関係なんて無理、という「決めつけ」を捨てよう~フィリピンとコスタリカに学ぼう(Afternoon Cafe)
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-282.html
フィリピンでは1949年に結ばれた米軍基地条約が期限切れとなる1991年9月、世論の米軍反対の声をバックに新たな批准を拒否しました。米軍は翌92年にフィリピンから撤退しています。(略)
フィリピンはその後米比相互防衛条約(一九五一年調印)に基づく米比合同演習に参加する米兵を保護するため「訪問米軍の地位に関する協定(VFA)」を九八年に締結し、翌九九年にフィリピン上院で批准しました。
しかしフィリピン人女性を暴行した米兵達が2006年に最高裁で終身刑を言い渡されたにもかかわらず、地位協定に基づいてアメリカに身柄を引き渡されたことから、現在フィリピンのVFA廃止の世論が高まっています。(同じ米兵の暴行事件でも、こともあろうに被害者である女子中学生を責め立てて告訴を取り下げざるを得ない状況に追い込んだ日本人の民度を思うと頭が痛くなります)

(引用ここまで)

いちおう補足としてwikipediaの記述も併せて掲載しておきます。
↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3#.E7.8B.AC.E7.AB.8B.E4.BB.A5.E9.99.8D
戦後、日本と同様極東アジアにおけるアメリカ合衆国の重要な拠点でありアメリカ軍に基地を提供したが、アメリカ軍のアジア駐留軍縮小およびピナトゥボ火山の噴火に伴う基地機能の低下により、アメリカ軍は軍備を沖縄に集約しフィリピンから撤退した。

フィリピンはカトリック教圏ですが、アジア的多神教の色彩を色濃く残した文化です。カトリック教会に道教の神像が祀ってあったりして、行くと驚かされます(^_^;)
こういう文化も日本とどこか似ているような気がしますね。日本はフィリピンから学ぶところが多いのかもしれません。
アキノ大統領の改革力はピープルズパワーに支えられた一種の革命政権であったが故です。この辺りが日本の民主党政権では足元にも及ばない点です。

だいたい日本はフィリピン友好議員連盟の会長ドノがこの有り様ですから、学ぶどころかまともな友好関係も難しいような気がします(^_^;)
政権与党の震災対策副本部長がいったい何をやっているのでしょうか。(喝)
↓↓↓
民主党:石井副代表らがゴルフ 「目につかない」と比で(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110507k0000m010025000c.html

振るゴルフ(フルゴルフ)

フィリピンだけに比(くら)べたりして。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 震災救援・復興 - ジャンル : 政治・経済

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この国では、騙され続けていつの間にか「何が本当か?」さえ気が付かなくなってしまった・・・

ちょっくら、おさらい 3・11 肺炎に罹って、病院から帰宅して食事中に大地震発生。 次々に故郷の見慣れた風景がツナミに押し流されていく地獄絵をテレビの画面から叩きつけられる。 3・12 東京電力、フクシマダイイチがヤバイと発表された。 このとき、東電会長は大勢