FC2ブログ

ああ~分かってやれとは言わないが~海江田だけが悪いのか♪

567.jpg
それでは今日は政局の話題。海江田万里経産相が明後日にも辞めるという情報が駆け巡っています。
明後日かどうかは分かりませんが、そう遠くないうちに辞めるだろうことは周知の事実。
既に松本龍復興相が辞任していますから、菅内閣の閣僚辞任は改造後に限ってさえ二人目です(^_^;)
これまでもすれ違いが報じられてきた海江田経産相と菅総理の関係は冷たいのを通り越して既に憎しみにまで達しているようです。こんな報道もありました。

(引用はじめ)
伸子夫人「あなたが泣いたら別れる」=夫婦で海江田氏批判(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011080100806&g=pol
 菅直人首相が7月31日夜に江田五月法相ら民主党菅グループの議員と首相公邸で懇談した際、海江田万里経済産業相を厳しく批判していたことが1日、出席者の話で分かった。
 それによると、海江田氏が7月21日の参院予算委員会に、「忍」の字を左手に書いて臨んだことが話題になり、首相は「経産省には腹に据えかねることがたくさんあり、海江田氏にも思うところがある。俺だってこらえている」と強調。「執務室に『忍』の字が飾ってある」と明かした。
 途中からは首相の伸子夫人も会話に参加。同29日の衆院経産委で、野党に即時辞任を迫られた海江田氏が涙を見せたことがやり玉に挙がり、伸子夫人は「泣くような人に大臣は任せられない」と断じると、首相に向かって「あなたが泣いたら別れるわよ」と冗談を飛ばしたという。
 一方、首相は「自民党は解散させようとしてくるが、その思惑には乗らない」と、早期の衆院解散も改めて否定したという。
 
(引用ここまで)

相変わらずヒドイもんですな。最近はブログを更新する毎回ごとに「ヒドイものです」と書いていますが、実際ヒドイのだから仕方がない(*_*)
首相が閣僚の悪口を公然と述べるのも異例なことですが(任命責任をどう考えているのか?)公人でもなんでもない夫人まで参戦しての悪口合戦です。
雪どけ水は、個人的としては海江田経産相の政治路線を全く評価できないのですが、こうまで罵詈雑言が続くのを見ると話は別。やりすぎでしょ?と(-_-メ)
伸子夫人がやり玉に挙げたのは、玄海原発の再起動問題でもなければ、遅々として進まない現場作業のことでもなかった。経産相が泣いたことをからかっているのです。
つまり首相夫妻は、海江田経産相の人格を否定したのです。政治路線ではなく…。
さすがに総理ともなると大層な権勢の御様子。民間企業だったら理由の如何を問わずにパワハラ認定です。菅さんは国会議員で何よりでした…(^^ゞ
こういうものは政治路線の是非とは何の関係もない。菅総理は海江田経産相への謝罪をするべきでしょう。こういう言い方はしたくないが政治家としての美学がなさすぎる…(-_-メ)
翻れば、同選挙区でライバルだった与謝野馨経財相の入閣が海江田経産相にとってはケチの付き始めでした。結果論ですが海江田さんは入閣するべきではなかったと思います。

しかし、今もし仮に経産相交代となったら後釜を誰がするのでしょうか???
今さら一本釣りをするほどの政治力が菅総理に残っているとは思えないので、順当に副大臣から昇進させると思います。
そうすると池田元久副大臣が最有力候補となりますが、典型的な実務者タイプで乱世向けではない。どうもパッとしませんなぁ…(+_+)
誰がなろうと次の経産相は、原発事故の収束作業の指揮と、「なんちゃって脱原発」の具体的な工程表作りと、原発の再稼働という矛盾する三つの作業を手掛けなければなりません。
再稼働しながら脱原発って、理屈の上では可能ですけど現実にはものすごい困難です。
そりゃそうでしょう。2050年にはお荷物になることが分かっているのです。だけど再稼働させてね…て、どんだけ無茶な要求?
2050年まで原発で時間を稼いで、その間に産業を起こせば良い…といっても、それが難しいことは夕張(炭鉱→観光)の失敗が如実に示しています。
歴史上、産業転換がうまくいった数少ない例は、映画『フラガール』で有名な福島県いわき市の常盤炭鉱くらいでしょうか。
でも、それも今回の原発事故でダメになりました。夕張の方がまだマシかも。皮肉なものです。
けっきょく再稼働を受ける自治体がなければ、原発利権まみれの首長を見つけて、さらに泥まみれにした上で言いくるめるしかありません。もう、それだけでオカシクなりそう(>_<)

菅総理がフラフラしていることが今の政権迷走の根本原因なのです。
しかし自分の責任を見つめ直すどころか、部下に責任を転嫁して夫人と一緒に悦に入っているのですから、もうどうしようもない感じですね。
「忍」の文字が必要なのは大臣ではなく国民であり、何よりも被災者です。家を失ってさまよう人がいるのに国会は何をしているのか…人間をもう辞めてくださいm(_ _)m

シーベルト ミリが抜けたよ 脱原発

海江田さんの愛読書は『史記』だとか。古典読むだけ総理よりマシです。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 民主党・菅直人政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

国家騒乱の大罪人どもを地位協定破棄して厳しく裁け

「地位協定を破棄して火事場泥棒官僚マスゴミファッショ内閣国家騒乱テロ政治を殲滅せよ」

>検察最大の弱点は裏ガネ!特捜は廃止 ~検察が二人を放逐(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/08/post_2160.html
>コメント転載(改変あり)

別のとこに書いたコメントだけど、こいつらもまったく同じことであり、辞職したなら起訴から逃れられない身分になったわけだから直ちに逮捕して特捜に強制捜査に入るべきだね。

>直ちに地位協定を破棄して反人道政治犯罪組織を断罪し解体せよ。断罪無き自主解体は刑事責任の所在をごまかすためであり、犯罪組織の常套手段である摘発逃れ・証拠隠滅・とかげのしっぽ切りであるから、必ずまず最初に厳しく断罪を行わねばならない。

投稿者 通りがけ : 2011年8月 2日 18:07

>▼大阪地検特捜部の不祥事を受けて、先日発表された東京、大阪、名古屋の三地検の特捜部改革は、独自捜査偏重の路線を見直して、国税庁などからの送致事件の対応を強化するという

ということは新たな省庁間横滑り利権を特捜は開発したということだなw
これからは泥棒官僚政府の復興税導入や消費税増額で脱税冤罪利権は超巨額の宝の山になるからw

なにが検察改革だ、笑わせるなって。法を曲げた冤罪共犯の最高裁法務省もろともとっ捕まえて検察全員牢にぶち込んでからいったん解体して全部作り直せ。

投稿者 通りがけ : 2011年8月 3日 06:07

冤罪共犯の最大の首魁マスゴミを書き忘れてたw
小沢氏側、まずは辞め検とマスゴミを告発し巨額の損害賠償(総額5000億円くらいかなw)を分捕って、全額福一の石棺化工事に投入するのがよかろう。

そのまえに地位協定破棄して思いやり予算5000億円で福一の地下ダム壁工事を突貫で完成させる。
同時に米国債を売り払って東北大震災の復興資金を50兆円ほど一気に投入する。
これらの3事業の緊急出資の原資には3つのうちどれを充ててもよいが、3つとも必ず国家の最大の強権を行使して絶対に確保すること。

すべての放射能被曝被害補償と除染原状回復は東電と保安院とすべての原発保有会社が全額を負担する。当然電力会社全滅するから直ちに発送電を分離して民間に開放する。

現政府による復興増税や消費税増額は一切認められないよ、国法(憲法)を曲げた菅内閣は全員逮捕してテロ行為国家騒乱罪で裁くからねw
(了)

こっちからも保安院逮捕可。時効はもう無い。

「民意偽装は公文書偽造であり天下り官業癒着談合汚職犯罪そのものである。」

>「官僚にとり、国民をだまして誘導しようとするのは、ある種の職業病」(東京新聞)日々坦々さま
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1116.html
>「民意偽装」の罠をどう脱する?(東京新聞「こちら特報部」)
>玄海原発をめぐる「やらせメール」問題は(中略)原発の怪しさを浮き彫りにした。民意の偽装は自民党政権末期に教育基本法改正や裁判員制度導入をめぐっても暴露(中略)。株主総会への社員やイベントへの「さくら」の動員は古くからある(中略)。国主催のシンポジウムが今回の「やらせ」の舞台になったが、「民意をくむ」という手段の代表格は「パブリックコメント(パブコメ)」だ。<


巨額の官製談合電力関連業界天下り癒着汚職であり、建設推進を自ら偽造した偽装民意パブコメで決定すれば違法な偽装行為の見返りが巨額であるがゆえに、重大な刑事犯罪である。
原発建設前から歴々と行われている重大犯罪だけど、この間の刑訴法改正で重大犯罪についての時効は無くなったので、今から数十年前の談合であっても証拠があれば(いっぱいあるけどw)こっちからも告発して汚職有罪にできるね。
保安院や経産省勤務経歴ある霞ヶ関官僚現役およびOBで身に覚えありの諸君は、全員クビを洗って時効がない痛~いお縄を待っていなされよ。

いしだ氏の実体験

「石田壱成11歳が見た「冷酷な目」」

>子ども手当て廃止に見る自公の悪乗りと民主の不甲斐なさ、+いしだ壱成氏の知見!(日々坦々さま)
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1117.html
>「冷徹な目だけで、僕を見下ろしている。勿論ニコリともしない。そして微動だにしない。表情一つ変えず。実験そのものも怖かったが、その顔も、怖かった」

その目と顔は戦後日本人が見続けてきたこの「目と顔」である。
>池田香代子ブログさまから「目で見る日米地位協定」
>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 
>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)