FC2ブログ

天然ガス利権村 新たに誕生!(国際協力銀行)

577.jpg
雪どけ水が長いこと追っかけていた「国際協力銀行」。TPP利権の本命にして原発利権の本命でもあり沖縄基地利権の本命でもあるすごい銀行(しかも国営)です。
さすがに3・11以降は存在すら薄れかけていたのですが、ナナナナント、向こうの方から大ニュースを引っ提げて雪どけ水の前にやってきたのでした(@_@;)

(引用はじめ)
中部電力に1千億円の融資検討…国際協力銀(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110820-OYT1T00463.htm
 国際協力銀行が中部電力に対し、1000億円規模の緊急融資の検討に入ったことが20日明らかになった。
 月内にも実施する方向だ。中部電力は政府の要請を受け、浜岡原子力発電所の稼働を停止し、代替する火力発電に必要な液化天然ガス(LNG)の調達費用などがかさんでいる。国際協力銀のほか生命保険大手にも融資を要請しており、最終的な融資規模はさらに膨らむ可能性がある。
 国際協力銀は、日本企業が参加する道路などの社会基盤整備や、資源権益の獲得など海外投資案件を対象に融資するのが本来の役割だが、電力の安定供給のために融資に踏み切る。
 中部電はLNGの輸入にかかる費用負担が今年度だけで2500億円に上ると見込んでいる。また、東京電力の福島第一原発事故で、社債を発行して市場から安いコストで資金を調達することが難しい。
(2011年8月20日14時33分 読売新聞)

(引用ここまで)

へえええええ!!浜岡原発「停止」による損失を国際協力銀行が一時的にせよ背負い込むのですな。ふうん(ーー゛)
始めてこの銀行の名前を聞いた人には分かりにくいかもしれませんが、この国際協力銀行は菅総理・仙谷官房副長官との関係がとても深い銀行なのです。
国際協力銀行の企画部長という肩書を持つ前田匡史という人物が、現職の銀行マンのまま異例の内閣参与に就任しているのです。この前田匡史という人物がハッキリ言って曲者。

(引用はじめ)
国際協力銀行は海兵隊グアム移転のためだった(反戦な家づくり)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1000.html
昨日の国際協力銀行の記事に対して、貴重なコメントが常連さんのノーム・チュウイホーさんからよせられた

名前:ノーム・チュウイホー
タイトル:天木直人氏メルマガより
ホスト:i60-34-194-217.s42.a014.ap.plala.or.jp
********************
菅内閣は、そのような米国の無理に対しても、国際協力銀行の融資まで使ってグアムのインフラ整備経費の肩代わりしようとしている(8月26日朝日)。
採算が取れないようなインフラ整備に融資するなどという事は、おきて破りであるというのに。(2010.08.30)

(日本政府は)それどころか日米合意をそのままにしながら、日米合意で約束した(グアム移転)経費負担の増額を受け入れようとしている。さすがに政府予算で負担する事は国民の手前できない。
そこで考えだされたのがインフラ海外支援を担当する国際協力銀行の資金で面倒を見るということだ。
これならいちいち国民の了承を得る必要は無い。国際協力銀行の一存で決められる。因みに菅民主党政権は昨年12月7日に、2008年10月の行革で日本政策金融公庫に統合された国際協力銀行を再び分離・独立させる事を決めた...国際協力銀行の資金でグアムのインフラ整備を請け負う決定を容易にする為である。(2011.01.05)

産経新聞の「世界鳥瞰」という連載コラムの1月29日のそれは、国際協力銀行の企画部長という肩書きの前田匡史という人物が書いていた...産経新聞の定期的なコラムの執筆だけではない。
手元にあるだけでも毎日新聞、朝日新聞、東京新聞などが彼のインタビュー記事を掲載するようになった...なぜ前田匡史企画部長がここまでメディアに登場するのか...副島隆彦氏の最近著「日米 地獄へ道連れ経済」(祥伝社)の185ページ以下に詳しく書かれている。
彼こそが竹中平蔵に代わるこれからの日米間の橋渡しを期待されている米国の代理人であると、様々な具体例をあげて教えている。
なによりも現職の国際協力銀行の一職員がここまで国策に関与する異常さを追及している...

・昨年12月の政府決定で、行革に逆行する形で国際協力銀行が日本政策金融公庫から分離・独立され、好き放題できるようになったこと
・その国際協力銀行が、前田国際経営企画部長の采配の下で、原発や新かん線などのインフラ輸出促進資金協力をどんどんと進めていること
・在沖縄海兵隊のグアム移転のインフラ整備に大規模な資金協力を決めたこと
今の日本は異常だ。国民の眼の届かないところで、米国の代理人が日本政府を動かしている。(2011.01.30)

(引用ここまで)

分かりにくいですが、ようするに前田匡史氏は日米間で活躍するロビイスト…一種のフィクサーです。そういう人物が参与として内閣の政策決定に深くかかわっている。
この記事についているコメントにはさらに国際協力銀行の闇を示唆する情報が記載されていました(^_^;)
↓↓↓
国際協力銀行に関する別情報
明月様
さっきまで見ていたのですが、国際協力銀行について、今週の神保さんのところの「ビデオニュース」で、別の情報がありました。
アメリカの原発建設に関して、「東芝」支援と言う形でリスク満載の事業にお金を回してあげるというとんでもない計画があるそうです。
監視していないと、本当に好き勝手なことをしています。
ご存じかと思いましたが、とりあえずお知らせまで。

「日だまり」改め「日だまりの老犬」

※明らかな誤字や改行に関しては引用者が編集しました

国際協力銀行が原発利権にも深くかかわっていることが分かります。これらはみな菅政権がしたこと。
少なくとも3・11以前の菅政権は原発推進でアメリカべったりだったのです(-_-メ)
その国際協力銀行が浜岡原発「停止」に絡んで、中部電力に異例の巨額融資をする。ふうううん。ね、アヤシイでしょ(^^♪

浜岡「停止」に関しては菅総理のリーダーシップのように言われがちですが、実際に動いたのは仙谷副長官だということは裏でよく言われます。
その裏で菅―仙谷ラインと親しい国際協力銀行が動く。狙いは天然ガス。構図としては分かりやすい。
浜岡原発を「停止」したことは良かったと思いますし、天然ガスは代替エネルギーとしてとても有用です。
しかし、こんな利権めいた話はゴメンです。原子力利権ムラが天然ガス利権ムラに変わるだけのエネルギーシフトなど、いったい誰が望むでしょうか(-_-メ)

国際協力銀行に関しては雪どけ水も以前こういう記事を書いています。他にもたくさん書いていますが、一つだけ紹介しておきます。
↓↓↓
アナタが犯人ですね、菅さん(国際協力銀行問題)(雪裏の梅花)
http://seturibaika.blog72.fc2.com/blog-entry-468.html

犯人か堪忍は(ハンニンカカンニンハ)

孫正義さんは潔白か?(ソフトバンクは主としてメガソーラー)
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 民主党・菅直人政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

毒を以て…

国際銀行…うーん、新東京銀行(だっけ?)よりマシかな。。
しょせん日本は中華帝国の歴代属国、でなければアメリカ51番目の州と割り切って考えたら、それほど目くじら立てる話ではないと思うんですが、甘いかな。

メガソーラーや風力発電だって当然、それなりの利権は発生するでしょう。
けど、原子力ムラの利権には手のつけようがなくて事実上放置、新興勢力にだけもっぱら潔白を要求するのは、けっきょくは旧勢力の思うツボみたい。

このナントカ直人ってのは本名か?

通りがかり さんへ

> 国際銀行…うーん、新東京銀行(だっけ?)よりマシかな。。

いや、闇の深さという意味では新銀行東京よりも国際協力銀行が上でしょう。日米合作ですからね。

> けど、原子力ムラの利権には手のつけようがなくて事実上放置、新興勢力にだけもっぱら潔白を要求するのは、けっきょくは旧勢力の思うツボみたい。

それはそうですね。ただ天然ガス利権でうごめく面子には原子力ムラの元住民も混ざっています。

No title

ぶっちゃけ日本の原発は、「米軍御用達プルトニウム生産工場」兼「ソ連・中共軍上陸阻止用核地雷」で、時代遅れを薄々知っていたアメリカが戦略を転換しつつある、菅直人はそこを見越して行動しているのでしょうか。

>ただ天然ガス利権でうごめく面子には原子力ムラの元住民も混ざっています。

生き残りをかけた転向だったりして。

通りがかり さんへ

重複していたコメントは前の方を削除しましたが良かったでしょうか…といっても削除したら戻せませんが。

> ぶっちゃけ日本の原発は、「米軍御用達プルトニウム生産工場」兼「ソ連・中共軍上陸阻止用核地雷」で、時代遅れを薄々知っていたアメリカが戦略を転換しつつある、菅直人はそこを見越して行動しているのでしょうか。

してないでしょう(^_^;)
菅総理の「脱原発」は民意に押されてイヤイヤですよ。それが証拠に輸出には未だに熱心です。

重複コメントお詫び

ミスで二重(ひょっとして三重?)投稿になってしまったようですみません

今、輸出市場から手を引けば、フクシマは「地震国のみの特殊事例」ということになって、かえって原発の危険性を風化させてしまうのでは?
ヨーロッパ各国で、チェルノブイリが「旧ソ連ならではのケース」で片付けられ、その後も原子力政策が進められていったように。
原発を買う側としては、市場から姿を消した国の事情まで鑑みないでしょう。
当面は、原発輸出市場に留まる方が、事故当事国としての“説明責任”を果たすことになるのでは?と考えます(逆説的だけど)。

拝金戦争狂米軍の破廉恥幇間スパイ小泉が壊した国会と日本の品格

[小泉が壊した日本]

>【話題の記事】東大・児玉龍彦教授:「国会は機能不全に陥っている」 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/ZxJV6Zn

さもありなん。今の国会議員は全員が霞が関泥棒官僚組織の手先に過ぎないからね。くだらぬ政局ごっこをしているうちに霞が関立案の国益を盗んで省益にすり替える泥棒詐欺政策が次々に国会審議なしで通っていっているのがその証拠である。

国会を機能させようと思うなら日米地位協定を破棄可決し内閣不信任案を可決するしか手はない。

>国民が本当に求めているのは「人気がある政治家」ではなく「実行力がある政治家」である。
>「口がうまい政治家」ではなく「覚悟を持った政治家」である。
(「内ゲバ勃発・・・民主党代表選の行方」政経徒然草さま>>http://haru55.blogspot.com/2011/08/blog-post_23.html

年間4400万円の議員報酬(税金)と3人の公的秘書(3人の年収総額2000万円)と様々な議員特権が与えられた日本の国会議員・・・
▼ 国会議員が本来果たすべき役割
(1)立法
1)法律を起案し国会に提案する
2)法案を審理し採決する
3)国会が承認した法律が実際どのように運営・施行されているかを検証する
(2)予算
1)政府提案の予算案を審理する
2)政府提案の予算案を採決する
3)国会が承認した予算案が実際にどのように使われているかを検証する
(3)行政監視
1)各省庁の日々の行政がうまく運営されているかを監視する
2)官僚の不正、不作為、職権乱用、国民財産の横領、国民財産への損害、外国への利益供与などの違法行為を監視する
3)国民生活のために安価で効率的な行政運営と行政組織を考え内閣に提案する
(>杉並からの情報発信ですブログさまから抜粋転載>>http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/82eb82ac3b151cf458e7a59dcfdb77bb

今国会議員のやるべきことをやっている国会議員はひとりもない。この期に及んでも未だ日本復興のかけらもみえず戦争狂米軍幇間スパイ小泉がもたらした醜悪下劣な国会不在の棄民亡国法匪官僚マスゴミファッショ腐敗政治が放射能と同じく日本じゅうを死毒で席巻している。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"一体なぜ、アメリカ人にロシア・ルーレットをさせるのか?": 長年の反原発論者ラルフ・ネーダー、原子力産業の段階的廃止を主張

2011年3月18日 デモクラシー・ナウ! フアン・ゴンザレス: 日本で進行中の原発災害についてお話しているわけですが、東京、原子力情報資料室のフィリップ・ホワイトさん、社会的責任を果たす医師団の、アイラ・ヘルファンド博士、ワシントン、長らく消費者保護運動をしてこ...