「死の町」と「言論の死」

591.jpg
今日は9月11日です。アメリカ同時多発テロから10年目。うう~ん、ずいぶん昔のように感じますが、たったの10年ですか(*_*)
そして、今年の東日本大震災・東京電力原発事故から半年です。各地でデモが行われましたが、警察の弾圧は今回いつにも増して凶悪だった様子。
もっとも、幾ら節目の日が重なっても9・11同時多発テロと3・11東日本大震災の間に直接的な相関関係があるわけではありません。(地震兵器とか言うなら別ですが…)
そもそも9・11という見方も、あまりにアメリカ中心的すぎる見方であるとも言えるでしょう。
「都市部のテロ?俺たちそんなのしょっちゅうだよ」なんて国もたくさんあるわけです。場合によってはテロの原因がアメリカだったりする場合も…(@_@;)

ですが、東日本大震災から半年と聞くと、やはり心揺れるものがあります。節目の半年にふさわしい……失望感。
この半年、いったい政治(だけの責任ではないが)は何をしてきたというのか(-_-メ)
原発事故の収束には失敗。放射能汚染は各地に拡大。周辺住民の避難はさせず、除染は効果が上がらない。地震・津波災害の復旧・復興も遅々として進みません。
な~~~~~んだ。半年間、結局何もしなかったんじゃないか。それが結論です(+_+)

この責任の第一番は、この期間の大部分を総理として過ごした菅総理にあります。それは確認しておきます。
菅総理は最近マスコミのインタビューを受けまくって、菅中心史観とも言うべき(特に朝日新聞がヒドイ)都合のいい話を垂れ流していますね(-_-メ)
しかし政治というのは結果です。いかに口先だけで都合のいい情報を垂れ流そうとも、事実は菅総理の行状を余すところなく照らし出す。
今なお除染も非難も出来ずに苦しむ原発事故被害者(それはすでに福島県だけの問題ではない)は、存在自体が菅総理への告発といえます(-_-メ)
思い出して下さい。事故直後の「ただちに健康に問題はない」と連呼した枝野官房長官の顔を。国民はあれに騙されて放射能汚染への備えを怠ったのです。
枝野官房長官が「ただちに健康に問題はない」と記者会見で述べていた頃、菅総理はお友達の仙谷副長官とともに「20年は住めない」ことを前提に復興計画を練っていました。
これをバラしたのは内閣参与で政治学者の松本健一氏です。菅総理ではありません。
よく「菅総理は命懸けで真実を国民に知らせようとした」などと見当違いの擁護を見かけますが、菅総理は国民に向けて自分に不利な情報を明かしたことなど一度もない。
繰り返しますが一度もありません。名誉も実績もあったはずの松本健一氏は、哀れ三顧の礼で官邸に迎え入れたはずの菅総理に裏切られ、失意の謝罪を余儀なくされました。
その菅総理を持ち上げた朝日新聞が、御用学者の山下俊一氏に賞を与えて権威づけをする。分かりやすいですな。恥とは誰も思っていないのでしょう。

まあ、菅さんだけを責めて済む問題ではありません。そもそも辞めた人を責めても何にもならないとも言えるでしょう。その割にはマスコミ露出が多すぎますが(-_-メ)
マスコミ利用が得意だった小泉総理でも退任後にここまで露骨な自己弁護をしていません。表向きマスコミ取材は拒否しています。ああ、また悪口になってしまいました(^_^;)

ともあれ無策に終わったこの半年、新総理は前任者の轍を踏んでもらいたくはありません。ですが鉢呂経産相の退任でいきなりケチのつき始め。
鉢呂退任劇の一番の問題点は、鉢呂経産相が「脱原発派」だった…ことにあるのではありません。「死の町」という表現が失言とされたことの方が問題だと考えます。
いま原発周辺を「死の町」と呼ばなかったら何と呼べばいいのでしょうか。これではいわゆる「言葉狩り」です。今後は原発周辺を「死の町」と呼んだら文脈を問わず罷免です(+_+)
しかし周辺が「死の町」になるほど重大な事故だからこそ、脱原発が必要とされ、避難や除染など大掛かりな復旧活動が求められたのではないですか!?
「死の町」を騒ぎ立てた記者たちは無意識のうちに「正常性バイアス」の虜になって正確なリスク評価が出来なくなっていたと思われます。
これでは避難や除染などますます困難になるでしょう。食品の検査なども難しくなります。汚染を直視すると政治的リスクを抱え込むことがハッキリしたのですから。

いったいどうするつもりでしょうか。そもそもジャーナリストというのは言葉を守るのが仕事のうちです。
それが率先して言葉狩りに精を出すようになってしまったら、表現の自由などどこかに飛んで行ってしまいます。
事実の誤りや、露骨に差別的な表現があったなら、フラットな言論空間でそれを正すのがジャーナリズムの本来のあり方(^_^)
しかし、露骨に差別的な石原都知事の暴言などは正すどころか見苦しく拝跪するのが昨今の(自称)ジャーナリストの作法なのですから、そりゃ絶望的にでもなりますわね。

数少ない希望は、リスクを取って在野の立場から発信してくれる学者や評論家がいること。今日、各所で行われたデモにも、そういう人たちがたくさん参加されました(^_^)
しかし、同時に、デモに対して無慈悲に下された弾圧を見れば、そういう良心的な発言者達もどこまで持ちこたえられるかどうか。
デモに対する弾圧も、麻生政権ころから激化し鳩山政権でいったん鎮静化し菅政権で再び強化されたものです。それも指摘しておきますよ(+_+)

追う自民 逃げる民主に 愛想が尽きて
 馬鹿さ加減は 同レベル


酒飲んで寝る!!
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 野田内閣 - ジャンル : 政治・経済

コメント

マスコミに誘導されてませんか?

>枝野官房長官が「ただちに健康に問題はない」と記者会見で述べていた頃、
>菅総理はお友達の仙谷副長官とともに「20年は住めない」ことを前提に復興計画を練っていました。

これははっきりと事実に反しています。
2つの発言の間のタイムラグを無視しているし、そもそも「20年住めない」発言には仙石氏は絡んでいないし、松本健一氏が談話を「バラした」わけでもありません。
当の松本氏と前首相が善後策を検討し、「20年住めない」という共通認識になった。
マスコミがそれを「菅首相の発言」としてリークし、住民が菅氏に反感を向けた。
すなわち、針呂氏辞任と同じ、「言葉狩り」なのです。

菅憎さのあまり、2つの事件に共通する本質を見落としていませんか?
誰が何の目的で内密の会議や私的な発言内容をリークしたのか、その方がはるかに重大な問題だと思います。

無 さまへ

シュールなHNですな(*_*)

>そもそも「20年住めない」発言には仙石氏は絡んでいないし、松本健一氏が談話を「バラした」わけでもありません。
> 当の松本氏と前首相が善後策を検討し、「20年住めない」という共通認識になった。
> マスコミがそれを「菅首相の発言」としてリークし、住民が菅氏に反感を向けた。
> すなわち、針呂氏辞任と同じ、「言葉狩り」なのです。

違いますよ??復興担当だった仙谷副長官と松本参与が復興計画を首相に報告しに行ったときに、首相か松本氏かのどちらか(おそらく首相)が「20年住めない」といい、もう一方がそれに同意したのです。
マスコミのリークではなく、松本氏が記者会見で首相の発言として「20年住めない」を紹介したのです。ただし後に誰に発言か記憶が定かではない旨の釈明を行っていますが…。

> 誰が何の目的で内密の会議や私的な発言内容をリークしたのか、その方がはるかに重大な問題だと思います。

だからリークじゃないんですってば。

違いますよ。

>マスコミのリークではなく、松本氏が記者会見で首相の発言として「20年住めない」を紹介したのです。

そちらが事実に反しています。
この発言が出た4月13日の時点で、オンタイムで確認していたから断言できます。
そちらのソースは、先月出た「週刊新潮」あたりですか?
事故直後、玄葉が、福一からの避難ルート優先で救援用のガソリンを配置したら、「自分の選挙区を優先した!」と中傷したあの週刊新潮?

「20年住めない」発言が紙上をにぎわした4月13日、この日、経産省と文科省は、電源立地地域対策交付金の交付規則をに内密に改正していました。
すなわち、原発の新増設時の交付金額を増やし、既存の原発では発電実績に基づいて支給する、つまり、運転を継続しなければ減額される仕組みを作り上げていたのです。
http://www.47news.jp/news/2011/08/post_20110817112951.html

震災の復旧に多忙な内閣の隙を突いて、交付金の減額を恐れた原発立地町村のほうから運転継続を要望するように仕向けた、ということです。
住民を危険地域から避難させる内閣の計画は、「20年住めない」発言に激昂した飯館村が騒ぎを大きくしたため、大きく後退することになりました。

人様のブログで議論をするつもりはありません。
が、事故直後の情報隠しで得をしたのは誰か、よく考えてみてください。
「とにかく菅直人が悪い!」と「とにかく小沢一郎が悪い!」は、現実を見ない点で何ら変わりないのです。

無 さんへ

> が、事故直後の情報隠しで得をしたのは誰か、よく考えてみてください。

誰がどう考えても菅総理でしょう(^_^;)
原子力ムラ…というものをどう見るかは確かに難しい点ですが、菅総理を免罪する理由にはなりませんよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公式の9/11説明を信じているのは、公式の9/11説明を知らないせいだ

Jesse Richard 2011年9月2日 TvNewsLIES.org (リンク先は、ほとんどが英語ページであることをお断りしておく。) 9/11の公式説明を知っているからこそ、私は9/11の公式説明を信じない! この主題について調べた後で、2001/9/11の出来事について疑問を呈する立場から、出来...

枝野投入、ついに政経塾が本性を顕してきた

枝野は弁護士です。このブログでなんども都都逸を紹介したがもう一度、、、「♪貴方弁護士、私は芸者、おなじ稼業の口車」。枝野ほどこれにピッタリの弁護士はいない。「直ちに健 ...

言葉狩りで大臣をやめさせるマスゴミの正体は??名前も社名も名乗れないチンピラ

私は煽りは好きじゃないんですがね、こんな記事はたくさんの日本人に読んで欲しいと思います。 田中龍作ジャーナルより http://tanakaryusaku.jp/2011/09/0002912>> この記事に対するツイッター、今物凄いことになっているみたいですね・・・ 原発災害 枝野・新経産