法大弾圧裁判における登石郁朗判事

605.jpg
石川知裕衆議院議員らに対する(さすがに無理筋な)有罪判決で一躍時の人になった登石郁朗判事。調べてみたらこの人は結構そういう話が多い人なのですな(^_^;)
意外なところから意外な情報提供です。小沢一郎とは何の利害関係もなさそうな人たちなので恐らく本当の話なのでしょう。知っていたらもう少し警戒できたのかもしれません。
↓↓↓
法政大学文化連盟(@hosei_bunren)on Twitter
http://twitter.com/#!/hosei_bunren/status/118744689829625856
登石郁朗には(1)住所不定(2)罪証隠滅の怖れ(3)逃亡の怖れ、なるそれこそ「ためにする」理由付けをされ、7ヶ月210日間以上東京拘置所に監禁されたので憤怒の念は著しい。それ以外にも左陪席の福島かなえ裁判官が尋問中居眠りをしていたり、4.24法大集会裁判は色々と不快な裁判でした。
↓↓
http://twitter.com/#!/hosei_bunren/status/118733296439009280
小沢の元秘書3名に有罪判決を下した東京地裁判事・登石郁朗だが、この男、4.24法大集会裁判でも我々に懲役1年6ヶ月の罪刑を課した札付きの検察追随者。「あんな判決ありえない」との点では小沢と認識を一致できる。/小沢氏“あんな判決ありえない”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110927/k10015884091000.html


法政大学文化連盟は中核派系の学生運動団体です。法政大学は学生運動の盛んな大学で、たとえば「素人の乱」の松本哉も法政大学OBです。
法政大学文化連盟は、中核派といっても今は穏健な運動体です(女子も多い)。それなのに滅茶苦茶な弾圧がなされました。相手はまだ学生ですぜ、ダンナ(-_-メ)

と、いうわけで、Twitter上でこんな遣り取りになりました。こういうことがあるからTwitterは楽しいですね(^^♪
↓↓↓
雪裏の梅花(@seturibaika)on Twitter
http://twitter.com/#!/seturibaika/status/118789674385944577
石川議員らに有罪判決を下した登石郁朗判事って法政大学文化連盟 @hosei_bunren を大弾圧した張本人なのか。イロイロと話題の人なんだね。www
↓↓
法政大学文化連盟(@hosei_bunren)on Twitter
http://twitter.com/#!/hosei_bunren/status/118819703652233216
被告人の答弁中ニヤニヤしていたり、嫌な人でしたよ。私もそういうところがあったから、「あ、これは不快だ」と気付き、彼を反面教師にして直しました。(略)


なるほど不快な裁判官ですな。相手の話を聞きながらニヤニヤするのは人の話をマトモに聞いていないということです。
たとえ右派でも信念のある人なら決して取らない態度。肩書きに驕っているからこういう態度を取るのですな。いわゆるヒラメ判事(-_-メ)
学生の反面教師となったのがせめてもの救いでしょう。おかげで被告が立派な活動家に育ったら、それは判事の手柄になるのか、どうか…(苦笑)。

ちなみに「4.24法大集会」とは、どんな事件だったのか。その元となった「3.14法大弾圧」と併せて御覧ください。

(引用はじめ)
2009.04.30 4月24日の事件について(法政大学HP)
http://www.hosei.ac.jp/news/shosai/news_1074.html
4月24日(金)の昼休み時間帯に、本学の学生2名を含む5名が市ケ谷キャンパス正門前で逮捕される事件が発生しました。
逮捕された本学の学生は、いずれも繰り返し本学の業務を妨害するなどして停学処分を受け、その期間中は本学への立ち入りが禁止されている者です。当日は、「3.14法大弾圧を許さない法大生の会」や「文化連盟」を名乗る者らが、その処分等に抗議を示すデモ行進を予告しており、正門前の外濠公園を発着地点とすることが予定されていました。
しかし、実際には昼休み前の授業時間中から、正門前や外濠校舎の内部にまで踏み込んで大音量のアジ演説を伴う集会が、本学の度重なる警告を無視して強行されました。昼休み時間帯まで継続したこの状態には、警察官も警告を重ねましたがこれに従わなかったため、本学の学生2名を含む3名が東京都公安条例違反の容疑で逮捕され、その際に2名の学外者も公務執行妨害の容疑で逮捕されました。
本学は、2時限目より正門前広場を立入禁止とし、充分な教職員を配するなど本学学生に危険が及ぶことを避ける措置をとりました。しかしながら、集会参加者により正門は力ずくで大きく揺さぶられ一部が破壊されました。また、一部の者が突入した外濠校舎では、吹き抜け構造の上に位置する多くの教室の授業を大音量のアジ演説が妨害することを防ぐことができませんでした。これらは決して許されない行為です。
学生の皆さんには、正門を閉鎖するなどの不便をおかけしましたが、やむを得ざる措置としてご理解ください。なお、署名に応じた本学学生の住所・氏名や、校舎内から手を振るなどした学生の顔写真等が予期せぬところで利用される恐れがありますので、充分に注意してください。

3.14 法政大学弾圧続報/3・14法大弾圧救援会(薔薇、または陽だまりの猫)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/bff18c34fb1d8326c4f683702ca4bf68
6月19日早朝、法政大キャンパスでビラまきの準備をしていた法大生4人が、「建造物侵入」「公務執行妨害」で不当逮捕されましたが、そのうち「公務執行妨害」で逮捕されていた法学部生1人が、先週の金曜日(6/23)に釈放されました。

こんばんは、3・14法大弾圧救援会です。
慌ただしい日々が続いていますが、その合間をぬっての近況報告です。(略)
■牛込警察署は法大生A君に対する拷問をやめろ!
 6月19日早朝、法政大キャンパスでビラまきの準備をしていた法大生4人が「建造物侵入」「公務執行妨害」で不当逮捕されましたが、そのうち「公務執行妨害」で逮捕されていた法学部生1人が、先週の金曜日(6/23)に釈放されました。
 ただ、文学生3人(退学処分を受けている)は、今も愛宕署、牛込署、神田署に勾留されています。とくに牛込署に勾留されている学生に対しては、取調中イスにも座らせず立たせたままで取り調べを強行するなど、違法な取り調べが行われています。これに対しては、弁護士の方から準抗告を提出するなど、全力で不当弾圧に対する反撃を行っています。
 また文学部生3人は、6月23日付で、退学処分の撤回に向けて、東京地方裁判所に地位保全を要求する仮処分の申請を提出しました。
 なお警視庁は、6月26日東北大学、27日京都大学、28日富山大学と6・19法政大での4人不当逮捕の件で、3日連続で学生自治会室や学生寮などへの不当家宅捜索を行っています。本当にまったく関係のない「容疑」で、全国大学への弾圧が行われています。4人の法大生を警察に売り渡した平林総長・安東学生部長の責任は本当に重大です。
 文学部生3人の勾留は、6月30日に満期を迎えます。再度の勾留延長を許さず、3人の即時釈放に向けて、全国からも、ぜひ抗議の声をよろしくお願いします。

法政大学法学部教授会,なぜ継続審議なのか(ペガサス・ブログ版)
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2006-06-29
昨日の記事で,法政大学法学部教授会が学生の退学処分を決めなかったこと,議論が4時間にも及んだらしいことを書きました.なぜあっさり「廃案」でなく,継続審議なのでしょうか.共謀罪法案でもあるまいし・・・.(略)
おそらく教授会の大勢は処分案に反対していると思われます.ではなぜあっさり否決出来ないのかということですが,多分,多くの教授会に共通してみられる教授会の運営システムの問題,特に議長制度のためではないかと思います.私の所属する教授会もそうですが,たいてい議長を学部長が兼ねるのです.しかも議事運営規則もきちんと制度化されていません.議事運営委員会のようなものもありません.このため議事運営については議長つまり学部長がほぼ独裁的な権限を持っており,教授会メンバーの多数意見がどうであれ,学部長の気に入らない方向での決定は非常にされにくいのです.

(引用ここまで)

ようするにデモ準備のためのビラ撒きと演説が犯罪行為とみなされたのです。しかもそれは教職員からも処分に疑義がなされる態のものでした。
それなのに「7ヶ月210日間以上東京拘置所に監禁された」のちに「懲役1年6ヶ月」とは異常な判決(@_@;)
これでは最初から結論ありきの無茶苦茶な審理をしたのだと言わざるを得ないでしょう(懲役は禁錮より重い刑罰)。
かの有名なニーメラーの警句に従えば、最初、法政大学で弾圧があった時に私は不安だったが何もしなかった。私は中核派ではなかったからだ。
しかし小沢一郎に不当な判決が下された時には立ち上がった。私は小沢支持者だったからだ。しかし、そのときにはもう遅かった…。と、いうことかもしれませんね(^_^;)
↓↓↓
第3章 国民の権利及び義務(日本国憲法)
第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。


登石郁朗判事って憲法を知らないのかな?この際、法政大学で学び直すのが良いのかもしれません(^_^;)

判決は付けんわ(ハンケツハツケンハ)

法政大逆。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗 - ジャンル : 政治・経済

コメント

小沢秘書らへの小沢排除CIA路線に従った無法な政治的予断主義の有罪判決と闘え

小沢秘書らへのCIA小沢排除路線に従った無法な政治的予断主義の有罪判決と闘え                                                            東京地検が2度も物的証拠なしと不起訴にした小沢の「陸山会」資金問題で、東京第5検審会が「疑わしきは罰せよ」と、法体系を覆す政治的な強制起訴決議をして、間もなく小沢裁判が同検審会弁護士が裁判長になって始まる。
 その前に行われた石川ら3人の元秘書の裁判では、2011.9.26の東京地裁裁判の判決で、物的証拠なしで検察と同様な予断のストーリーに従って有罪判決を下した。東京地検特捜部によるでっち上げ供述調書を却下した経緯にも拘わらず、その後こうした判決を出した論理的飛躍には陰の秘められた政治的理由があるだろう。
 判決で執行猶予にしたことには、そうした無法な政治的予断主義に対する精神的動揺が現れている。「日本は法治国家ではない」というEU諸国での評価がまたもや実証された。
 小沢は以前に「日本の安全は第7艦隊だけで十分だ」と言明したが、それは、日米安保条約と日米行政協定の抜本的改定、沖縄を含む日本全土からの米軍撤退、米軍駐留経費負担の廃止等々で日本の独立・自主への歩みへの突破口になる。だからオバマとヒラリー、CIAはこれまで小沢排除作戦に全力を挙げて来た。彼らは、ノーサイド主義の組閣で成立した野田内閣に安心していない。田中、竹下、橋本、小渕の歴代首相は多少の自主路線を追求したためにCIAに謀殺されたと、元米金融・経済誌Forbesのアジア・太平洋支局長Benjamin Fulford記者がブログで暴露した。中川昭一財務相も、父親と同様にCIAに謀殺された。今回の東京地裁判決もCIAの根回しが効を奏した結果だろう。デフォルト必至の米国は、ドル箱自公内閣の再来を目指している。
 間もなく小沢裁判が始まるが、テレ朝が状況証拠と推理だけで小沢を有罪にする危険が問題だと指摘したほどである。小沢は先年ロンドンで心臓手術を受けたさいにCIAによって心臓にマイクロチップをインプラントされたが、それは外部からの電磁波照射で心臓麻痺を起こす仕掛けになっている(B.Fulford記者)。それは宇宙情報によっても確認されている。米国務省は再三小沢の訪米を要請したが、彼は慎重に対処して先送りした。小沢裁判では、元秘書団と弁護団、民主党小沢派の奮闘が注目される。
 石川ら3人は東京高裁へ上告した。間もなく小沢の裁判が始まる。上告審でも小沢裁判でも、物的証拠なしの状況証拠と予断ストーリー、推理だけによる有罪判決が行われるならば、物的証拠による犯罪の罪刑法定主義的判決に基づく司法制度と法体系が基礎から覆されて、司法形態の見せ掛けで政治的制裁ファシズムの支配が横行し、日本は無法国家になるだろう。だから、他人の、政治家の裁判だからと、対岸の火災視していたら、日本は大変なことになるから、不正裁判に抗議して闘わなければならない。
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/87.html

馬鹿が自爆しただけ

裁判長「銀行から借りると金利払わなきゃいけないよね?
大きな負担じゃないの?」
石川「大きな負担だけど手元に現金がある必要があるから、
預金を切り崩したくなかった」
裁判長「預金を担保にしてたらどの道自由に使えないよね? 
小沢から金借りてるのに、何でそれで土地買わなかったの?」
石川「先生から借りた金と政治団体のカネがごっちゃになる
といけないから」
裁判長「借用書作ればいいんじゃない?」

石川「・・・全てを合理的に説明できません。過去もそうしてたし」

裁判長「過去に何でそうしたかはおいといて、そうするメリットは?」
石川「小沢先生に返さないといけないし、その都度お金を下ろせば
無駄遣いしないから・・・」
弁護士「拘留中に預金担保にしておくことと、小沢氏に
借用書を書いてもらうことの違いを説明してたじゃないか!」
石川「・・・?」
弁護士「思い出せないのか。親から借りた金と銀行から借りた金では
返し方が違うだろう」
石川「(思い出したように)身内だと甘えが出ます」
弁護士「銀行はどう。期限や利息について」
石川「銀行だとキチント返します」
弁護士「どうしてそのことを裁判長に説明しないの!」

石川「検察は本筋の修正には応じてくれなかった」
検事「本筋ってなんですか?」
石川「それは、水谷建設のやましいお金は貰ってないし、隠してもいないという・・

ハッ!(そんな事調書には書いてないことに気づいて)じゃあ検事の本筋はなんなんですか!」

検事「いや、本筋って言ったのはアンタだからww」

裁判官「機能の検察の質問に、岩手県内の建設工事で陳情を
受けたって答えてたけど、公共工事の陳情は他にもあった?」
大久保「陳情というか、相談や依頼をいくつかうけてました」
裁判官「なぜ建設会社が小沢さんのところに依頼に来るんですか?」
大久保「当時、民主党は野党だったけど、営業活動の一環として、
何かうまく行けばいいな程度で来たんじゃないか」
裁判官「何かって、受注や指名を受けること?」
大久保「そうです」
裁判官「小沢さんは野党でもそういう影響力があると思われて
たんじゃない?」
大久保「そんな権限は持ってないけど、(力があるように)
虚勢張ってました」
裁判官「東北地方の談合の仕切り役だったゼネコンの元幹部に頼んで、
業者が受注出来たケースはありますか」

大久保「たまたまうまく願いを聞いてもらったケースもあり、ほっとしました。
役に立ったかどうかはわかりませんが」

弁護士「(慌てて)ゼネコンンの営業はすごい。有力者に押しなべて挨拶するから」
大久保「はい、そのとおりです」

こんだけ自分からばらしてるのに勝てると思うんだ?小沢信者ってw

2014 さまへ

コメント長過ぎ。以上!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京高裁に「も」失望した。もはや日本はド~なるんだろう

西山太吉さんについては、年配の方にあっては「いまさらいっても」感が強いと思うが、彼の提起した問題こそが日本の病巣であるといわざるを得ないと思っている。 昨日東京高裁は ...