FC2ブログ

警察は何のためにある!?園良太氏を拘束!!

608.jpg
9月23日のデモにおける不当逮捕については以前にも記事にしましたが、この時に逮捕されたのが園良太氏だということは知りませんでした(@_@;)
フリーター全般労組の中核メンバーであり、著名な活動家である園氏が逮捕されたことは権力による「狙い撃ち」を連想させます。
支援者のブログ等ではAさんなどと表記されることが多いので気が付きませんでした。しかしこれは見逃せない情報でした(@_@;)

(引用はじめ)
緊急報告!園良太氏への警察の弾圧(たかしズム!)
http://takashichan.seesaa.net/article/228728839.html
園良太さんが9月23日から警察に拘束されていたことを知りませんでした。岩上安身氏のツィートではじめて知ってびっくりしています。これはひどいです。逮捕の様子が克明に撮られYou Tubeにアップされていますので是非見てください。彼が「反原発」デモを精力的に行なっていることが、間違いなくこの弾圧の理由でしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=L1RMFPQQlOI&feature=player_embedded

当日園氏は「差別・排外主義にNO!9・23行動」のデモに参加していました。在日外国人差別への抗議行動です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/noracism99/e/d7d00bf78a462cd9f9cb3104079274aa
本日行なわれた園良太氏釈放後インタビューはこちらです。2分ちょっと過ぎからです。
http://www.ustream.tv/recorded/17673280

(引用ここまで)

差別・排外主義に反対するデモを弾圧したということは、警察が差別・排外主義に与したということです。憲法違反でしょ、そりゃ。
ちなみにこの「差別・排外主義にNO!9・23行動」のデモについて雪どけ水が書いた記事はコチラ。
逮捕者が園良太氏と知っていたらまた別な観点で書いていたことでしょう。「素人の乱」の二木信氏への弾圧に続く「狙い撃ち」の不当逮捕です Ψ(▼皿▼#)Ψ
↓↓↓
またもデモ弾圧「私たちの仲間に手を出すな!」(雪裏の梅花)
http://seturibaika.blog72.fc2.com/blog-entry-627.html

園良太氏のブログとTwitterは以下の通り。ブログの方は更新が途切れがちなのでTwitterの方がお勧めでしょう。
↓↓↓
園良太(@ryota1981)on Twitter
https://twitter.com/#!/ryota1981

園良太の日記
http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/

まずは取り急ぎの御報告まで。そして不当弾圧に抗議します!!!Ψ(▼皿▼#)Ψ

狙いはイラネ!!(ネライハイラネ)

私たちの仲間に手を出すな! Ψ(▼皿▼#)Ψ
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト



テーマ : 検察・警察の腐敗 - ジャンル : 政治・経済

コメント

不当弾圧許すまじ!

>差別・排外主義に反対するデモを弾圧したということは、警察が差別・排外主義に与したということです。憲法違反でしょ、そりゃ。

日本で、未だに前近代的・時代錯誤な差別、排外主義が蔓延っていること自体、誠にもって情けなく、国際社会に恥を晒す愚行であることを自覚しなければなりません…。 そうゆう無知蒙昧に対する、至極、真っ当で道理のある抗議行動を弾圧する国家権力の暴挙は、断じて許されませんね。
>生きる権利に国境はない!私たちの仲間に手を出すな! 差別・排外主義にNO! 

いわれなき差別排外主義により、生きる権利を侵害され、精神的・経済的な被害を被っておられる在日外国人の方々の心情を察するとき、差別する側の人間に属する「いわゆる同じ日本国籍を持つだけの哀れな日本人のわたし」は慚愧に堪えません。歴史を顧みれば、中国及び朝鮮民族の方々に対する人権を蹂躙する、数々の蛮行をせしめた鬼畜旧日本軍閥の大罪に対し、心からの反省と、筆舌に尽くし難い痛苦・辛酸を被られた数多くのアジア諸国民の方々への真摯な謝罪と誠意を示すべきであるにも関わらず、真逆の態度を示す現在の日本人は、自らの差別・排外行為が異常この上なく、許されない愚行であるという事を、厳しく自覚し反省しない限り、この国に未来はないと考えます。
警察組織の暴挙に対し、強く抗議します。

青い鳥 さんへ

> 警察組織の暴挙に対し、強く抗議します。

強く抗議します!!
やや手垢のついた表現ですが、連帯!!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

書かねばならぬこと  「小沢の決断」・・天木直人氏のコメント

こんな自由と民主主義の危機には、たとえ死ぬ寸前だろうが書かねば成らないことがある。 以下は「天木直人のブログ」http://www.amakiblog.com/blog/からコピー 私はこういった声を待っていた。 ルビコンを渡った小沢一郎を私は応援する  小沢一郎の公判がはじまった。