永平寺のお坊さんが原発に喝!!!

609.jpg
ネットでは情報が全くなかったので、知り合いの住職さんから永平寺の広報誌『傘松』のコピーを頂いてきました(^_^)
永平寺に公式ホームページがないのは知識としては知っていましたが、こんな時は不便なものです。こういうことは積極的に広報して頂きたいと思います。
でも…おかげで当ブログの独占スクープになるのかもしれません(^_^;)
日本の伝統系仏教教団の一つ曹洞宗の大本山永平寺が主催するシンポジウム「いのちを慈しむ ~原発を選ばないという生き方~」です。
伝統教団の本山が開催する(事実上の)脱原発イベントというのも画期的ですが、もう一つのサプライズは永平寺が原発銀座といわれる福井県にあるということ。
大本山永平寺への参拝者・旅行者はそのまま福井県の大事な収益源となっています。そのブランドとも相まって、福井県にとっての永平寺は単なる一寺院ではありません(^_^;)

ではイベントの紹介から。念のため言っておきますが当ブログは永平寺とは何の関係も持たない、つまり勝手連的な応援です。

平成23年度「永平寺禅を学ぶ会」特別講座
シンポジウム いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方~

基調講演
貪(むさぼり)から貧(わかちあい)へ……中島 哲演 氏(福井県小浜市 明通寺住職)

  ※注1 以前このブログでも紹介した真言宗の僧侶の方です
http://seturibaika.blog72.fc2.com/blog-entry-548.html
飯館村酪農家の叫び……長谷川 健一 氏(福島県飯館村 酪農家)

パネルディスカッション
コーディネーター  朴 慶南 氏(作家 エッセイスト)
パネラー      中島 哲演 氏・長谷川 健一 氏


日時 平成23年11月2日 開場 正午/開演 13時/終了予定 15時40分
会場 永平寺四季の森文化館 定員 400名 入場料 500円

   ※注2 永平寺町内にある文化施設(永平寺が会場ではない)
http://www.town.eiheiji.lg.jp/guide/index.php?pathinfo=shikinomori
申込 大本山永平寺 禅を学ぶ会事務局 永平寺代表番号0776-63-3102
                       事務局直通  0776-63-3456


なお、明らかな誤字は雪どけ水の責任で勝手に校正させて頂きましたm(_ _)m
永平寺修行僧向けの勉強会は永平寺を会場にして夜に行われるそうなので、これは完全に一般向けのイベントなのですな。
出来れば永平寺を会場にすれば良かったのにと思いますが、400人を収容する場所が永平寺には無いそうです。
永平寺の建物を模した施設なので雰囲気だけなら味わえるかも(^^♪

講師紹介
中島 哲演(なかじま てつえん)氏
一言メッセージ「貪(むさぼり)から貧(わかちあい)へ」
国宝の本堂と三重塔があることで知られる、小浜市明通寺住職。
学生時代に平和運動に関わるなかで、原爆症に認定されることのなかった、広島、長崎原爆における二次被害者が全国に存在することを知る。帰郷後、地元で、二次被害者の救済活動を開始。次々と若狭に建設されていく原発の問題は、原爆症と同じであることに気づき、原発設置反対運動に入る。
現在、原発設置反対小浜市民の会代表、原子力発電に反対する福井県民会議代表委員を務める。小浜周辺地区にこれまでに17基の原発が建設されたが、小浜市には一基もない。

長谷川 健一(はせがわ けんいち)氏
 一言メッセージ「私たちが味わってきた苦しみ、かなしみ等をぜひ多くの人達に聞いてほしい」
福島県飯館村の酪農家。58歳。飯館村前田地区区長。
福島県酪農業協同組合理事。大多数の住民が避難した今も村に残り、見回りを続けている。事故後に購入したビデオカメラで村の現状を記録。各地で自らの体験を語り始めた。

朴 慶南(パク キョンナム)氏
 一言メッセージ「いのちをみつめ、いのちを慈しむために」
作家、エッセイスト、鳥取県生まれの在日韓国人二世。立命館大学文学部史学科卒業。いのちの大切さ、人間としての尊厳を軸に、人と人とを結んでいく貴重な出会いの数々を執筆するとともに、広く講演活動を行っている。
現在、非常勤講師として早稲田大学教育学部の「人権への講座」を担当。

講師の名前が読みにくい。理由はまちまちですが…(*_*)
もう一人名前が読みにくい永平寺監院(寺務の統括責任者)の大田大穣(おおた だいじょう)氏は長崎出身で被爆経験がある方です。
この人が核廃絶を訴え、アメリカを徒歩で縦断した様子はドキュメンタリー映画「GATE」に纏められ、なんと新潟県北のはずれ市でも上演されました(^O^)/
この方のリーダーシップがなければ、この講演会も実現しなかったことでしょう。ただ映画の方はひどい出来栄えでしたが…(*_*)

虫くっついても、手、慈しむ(ムシクツイテモテイツクシム)

脱原発にアッパレを!
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

永平寺が背水の陣で脱原発!!

伝統系仏教教団の一つ、曹洞宗の大本山永平寺が11月2日に脱原発を掲げてイベントを催すことは以前にもこのブログで紹介しました(^_^) ↓↓↓ 永平寺のお坊さんが原発に喝!!!(雪裏の梅花) http://seturi...