ダライ・ラマは来日したけれど…

623.jpg
つい今日になるまで知らなかったのですけれどダライ・ラマ14世が来日し福島県など被災地を訪問していたのでした(゜o゜)
ダライ・ラマは非暴力の理念でチベット独立運動を指揮しノーベル平和賞も受賞しました。宗教分離が前提とされる近代社会では「宗教政治家」という存在自体が珍しい。
そのダライ・ラマが来日し自由報道協会で独占会見を受けました。ううむ、自由報道協会もビッグな存在になりましたなぁ…。
ただそこで日本の原発事故について質問を受けたダライ・ラマ法王、原発は必要悪という見解を述べたとか…あらららら(*_*)

(引用はじめ)
脱原発だと「貧富の差広がる」 ダライ・ラマが記者会見で述べる(J-CASTニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111107-00000001-jct-soci
 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(76)が2011年11月7日、都内で記者会見を開いた。
 ダライ・ラマは10月末に来日。大阪・高野山で講演した後、11月3日から6日にかけて仙台、石巻、郡山など東日本大震災の被災地を訪問した。被災地訪問後に記者会見を開くのは初めて。
■「常に物事は全体を見るべき」
 会見では、東京電力福島第1原発から20キロ圏内に放置された動物の写真をダライ・ラマに見せる記者もいた。さらに、記者は
 「人間にも動物にも、放射能におびえずに生きる権利があるのではないか」
と問いかけた。ダライ・ラマは20キロ圏内の惨状に顔をしかめながらも、
 「常に物事は全体を見るべきで、一面だけを見て決めるべきではない。破壊的な目的で使うものは、破壊的なものしか産まない」
として、広島を訪問した時のエピソードを披露。
 「原子力が兵器として使われるのであれば決して望ましくない」
 一方で、「平和目的ならば別問題」と、当面は原子力をエネルギーとして活用すべきだとの考えを示した。
■代替エネルギーでは、将来の電力需要を満たすのは困難
 原子力以外の発電手段については
 「ダムは自然を破壊するなどの悪影響がある。風力、太陽エネルギーもあるが、十分ではないかもしれない。十分というのは、『先進国にとって十分』ということではなく、これから発展を遂げる国にとっても十分でなければならない。そうでなければ、貧富の差が広がってしまう」
と、現時点で開発されている代替エネルギーでは、将来の電力需要を満たすのは困難だとの見方を示した。ただ、
 「安全には万全を期すことが大事。あなた方が『原発はいらない』とお決めになるのなら、それはそれでいいと思う」
と、国内で広がっている「脱原発」への動きに対する批判は避けた。
 また、パレスチナや尖閣諸島、TPPの問題については、
 「大きな、複雑な問題」
 「日本の問題」(Japanese Business)
 「TPPについて勉強していない」
として、コメントを避けた。

(引用ここまで 明らかな誤字を訂正)

ふうん。もっともいくら自由報道協会の会見とはいえダライ・ラマに日本の政治を聞くのがオカシイ。宗教についてか、せめてチベットの事を聞くべきでしょう(^_^;)
ダライ・ラマが歯切れの悪い発言に終始したのはチベット独立に関連してアメリカの支援がどうしても必要であるため。
原発に限らずTPPやパレスチナ問題も法王にとっては答えにくかったことでしょう。そこは理解したいと思います(^_^)
「国内で広がっている『脱原発』への動きに対する批判は避けた」という部分にこそダライ・ラマの真意があるという見方もできるでしょう。

ちなみにチベット政府(という言い方で良いのかな?)は中国の核開発を厳しい口調で批判しています。
これも独立運動に絡んでのものでしょうが、チベット仏教独自の見方も反映しています。そこには原発に対しても通用する厳しい批判が組み込まれていました。
ここまで厳しい批判をしておきながら、どうしてダライ・ラマは原発を容認するような発言をしたのかと思うほどですが…より公式な発言は政府からの発表によるもの。
今回の来日での発言はダライ・ラマ個人の発言だと解釈するべきかも(^^ゞ

こんな時ばかり法王を都合よく利用する原発推進派の思惑には乗りたくないものです。その意味でもチベット政府の見解をよく勉強しておきたい。
長文なので所々のつまみ食いです。興味ある方はリンク先で原文から読んで下さい。内容はかなり濃いものです。福島原発の今後を占う資料としても充分でしょう。

(引用はじめ)
チベットの核(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)
序章
http://www.tibethouse.jp/atomic/atomic01.html
■ はじめに

チベットは、世界中の国々の中でも際立った特徴を持つ存在である。それは、チベットが地球上で最も高い海抜の高原に位置しているだけではなく、あらゆる国家の中で唯一、侵略政策や軍事技術を放棄することを選択し、その代わりに精神的な発展と平和に寄与する社会を築き上げることを目標として掲げてきた国であるからだ。チベット人は仏陀の教えに従い精神的世界を作り上げ、そこで何千もの人たちがその教えを学んできたのである。
仏教のもっとも根本的な教えはアヒンサー (非暴力) である。
「人は可能な限り他の存在を助け、いかなる危害も加えないようにしなければならない」
この教えにより、チベット政府では最小限の軍隊のみを保持することを伝統としていたため、1949年に強い兵力を持った中国軍がチベットへ侵攻してきたときには自らを守ることができなかった。
すべての生命体を破壊し、私たちの美しい緑の惑星を不毛な死の地に変えてしまう核兵器は、仏教の教えに相反するものである。核兵器を使用すれば、生あるものは無差別的に殺戮され、数千年もの間、その影響は残ってしまう。そのためチベット人は、平和を愛する精神を育んだ母国が、中国占領下で核兵器の貯蔵庫や核廃棄物の投棄場となっていることが報じられるたびに、大きな動揺を憶えずにはいられない。 
中国はこれだけでは不足なのか、さらに収益を目論み、有毒廃棄物を請負い、チベットへ廃棄することまでも諸外国に呼びかけているとの報告がある。
このレポートの目的は、チベットの核影響に関して入手できた情報のいくつかを発表し、この影響がいわゆる「下流地域」の国々にとって特に重大である理由を説明することにある。実際、私達はみなチベットの「下流地域」に位置しているのである。

放射性廃棄物
http://www.tibethouse.jp/atomic/atomic07.html
■ 放射性廃棄物とは何か

放射性廃棄物とは、何百種類もの不安定な原子構造体が独自の割合で混合されたものを含む化学的廃棄物を意味する。このような不安定な原子構造体は、放射性同位体と呼ばれるが、これは種類によって寿命の長さやアルファ線、ベータ線、ガンマ線を放出する能力がさまざまである。このような放射線は、人間、動物にガンやその他の病気を発生させるが、中でも最も恐ろしいのは、放射性廃棄物が出す放射線が遺伝子に突然変異を引き起こし、その結果、奇形児が誕生してしまうということである。科学者たちは、放射性廃棄物を永久的に密封するための確実な方法を発見しておらず、現在原子力発電所で使用された燃料は乾燥した鋳型の中で保管され、絶えず冷却されなければならない。スプーン1杯のプルトニウムの粉末は、大都市の全人口の命を奪う威力がある。
■ チベット高原における放射性廃棄物
93年の人権世界会議でのウィーン宣言では、「毒物および危険物質の不法投棄は、人類の人権、生命、そして健康を脅かす重大な問題となりうる」という内容が明確に打ち出された。
92年に中国を含む各国が調印したバーゼル条約と、95年9月にこの条約の修正案として採択されたバーゼル法は、先進工業国から非工業国への有害廃棄物の輸出を禁止している。98年2月23日から27日にマレーシアのクチンで開催された第4回締約国会議(COP-IV)では、特定の工業国が有害廃棄物をリサイクルする取り引きによって利益を得ることがないよう、バーゼル法の現状維持が討議されたとき、中国は、本腰を入れている様子こそ見せなかったが、これを支持した。これは明るい未来への第一歩と考えることはできるが、その一方で中国がチベット高原に廃棄物を投棄してきたという事実は、どう控えめに言っても決して明るい話題ではない。

ウラニウム鉱山
http://www.tibethouse.jp/atomic/atomic11.html
チベット内のウラニウム鉱山は、ダムシュン(Damshung)、ラサ北部、ツァイダム盆地、ゴルムド北部、ヤムドク湖周辺、そして南アムドなど複数の地域に存在する。甘粛省甘南チベット族自治州区州のテオ(Thewo )にあるウラニウム鉱床は、チベットで最大のものとして知られている。ウラニウムの処理施設は テオの南西四キロに位置する。中国は、チベットでのウラニウム採掘以外に、核ミサイルの被覆加工に使用するストロンチウムの抽出を行っている。
テオのウラニウム鉱山では、有毒な廃液は、高さ40メートルの石造の建築物に集められ、住民が飲料水として利用している現地の河川へ排出されるようである。インドに亡命してきたチベット難民は、この鉱山の採掘により次のような影響があったことを報告している。
1.テオに住む50人以上のチベット人が、1987年から1991年までに原因不明の病気により死亡している。
2.家畜が原因不明の病気により死亡している。
3.草や木が枯れた。
4.ジャンパコック川(Jampakok)が汚染された。水の色が黒くなり悪臭を放つようになった。この川は、ドゥクチュ・カルポ川(Dukchu Karpo)へ合流している。
亡命政府に届いた情報の中に、謎の死を遂げたテオの住民24人の名簿が含まれている。目撃者によると、彼らはみな高熱を出し、そのあとで震えるような寒さを訴えて死んだそうである。また、死体は青く変色していたという。動物の死体もまた青色、あるいは黒色に変色し、臓器は焼けただれたように見えたとのことである。

(引用ここまで)

核兵器の威力の強大さ。そして使用済み核燃料の危険性。ウラン鉱山の環境汚染についての報告は実に生々しい…(@_@;)
ストロンチウムって「核ミサイルの被覆加工に使用する」んですなぁ…。なるほど。
使用済み核燃料の脅威について特に強調しているのが興味深い。たしか永平寺の脱原発シンポジウムでも使用済み核燃料を一番の問題視していました。
仏教にとっては「使用済み核燃料」が第一番の問題として写るのではないでしょうか(^^ゞ

ともあれ、これがチベットの核兵器・核発電に対する見解です。単純に原発容認などと解釈するのは、むしろチベット仏教に対しての冒涜になるでしょう。
書いてありますね。「平和を愛する精神を育んだ母国が、中国占領下で核兵器の貯蔵庫や核廃棄物の投棄場となっていることが報じられるたびに、大きな動揺を憶えずにはいられない」って。核廃棄物を投棄することは仏教に反する行為なのです(^^ゞ
法王の発言をきっかけに、原発に賛成するネット右翼の諸君にもチベット仏教の「アヒンサー(非暴力)」の精神を良く学んで頂きたいものです(^O^)/

要らない習い(イラナイナライ)

ダライ・ラマって父親と同い年なのかー。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 脱原発 - ジャンル : 政治・経済

コメント

ちょっとショック、ですよネ…(-.-;)

ダライ・ラマさんともあろう御仁が、原発容認されるとは…、正直、ショックですよ…、
>…中でも最も恐ろしいのは、放射性廃棄物が出す放射線が遺伝子に突然変異を引き起こし、その結果、奇形児が誕生してしまうということである。科学者たちは、放射性廃棄物を永久的に密封するための確実な方法を発見しておらず、現在原子力発電所で使用された燃料は乾燥した鋳型の中で保管され、絶えず冷却されなければならない。スプーン1杯のプルトニウムの粉末は、大都市の全人口の命を奪う威力がある。…

まさしく、このご指摘が、人類が「核兵器」=「原発」に手を出してはいけない根本的な理由(要諦)なんですよ…。原発・核は本当に恐ろしいものだということを、わたしたち人類は、再認識しないと、とんでもないことになるということを決して忘れてはならないんですね…。 先般、いみじくも自民党の石破政務調査会長が吐露した『機微技術の保有』…。所謂、機微技術…、歴代政権が原発安全神話を捏造してまで原発に拘泥した理由・真意 なるものがここにあるんですよ…、つまり、『機微技術の保有』とは《原発を稼働させることにより、有事の際、一年以内に核兵器に転用できる技術を保有する。》ということなんですね…核抑止論に立脚した非核三原則を国是とする日本が持ってはならない考えなんですよ…。ダライ・ラマさんが、こんな基本的なことを、お知りにならない筈はないと思いたいのですがねぇ…。チベット仏教が「アヒンサー(非暴力)」の精神を深謀しているのであれば…ダライ・ラマさんには、「原発容認発言」を是非とも撤回して頂きたいものですね。同じ仏教家で、先の「さよなら原発集会」の呼び掛け人でもある瀬戸内寂聴さんは…「核を制御する技術をいまの人類がもちあわせてない以上、原発はなくすべき、わたしは脱原発の実現に身を挺して頑張りますよ…」と、意気盛んに述べられてみえました。
チベットと中国との政治的な関係においてのダライ・ラマさんのお考えなどには全面的に支持しますが、殊、「原発容認発言」については、納得し難いですね…。 ブログ主様…、貴重な情報、ありがとうございました。o(^-^)o

脱原発だと「貧富の差広がる」 ダライ・ラマが記者会見で述べる―【私の論評】ダライ・ラマの言葉の意味をかみしめよ!!

こんにちは。来日していた、ダライ・ラマ師は、脱原発だと「貧富の差広がる」と語りました。また、「代替エネルギーでは、将来の電力需要を満たすのは困難」とも語っています。そうして、「常に物事は全体を見るべきで、一面だけを見て決めるべきではない」とも語られています。この言葉の意味について、反原発の方々には、良くかみしめていただきたいと思います。これらの言葉は、思いつきなどではなく、様々な事実から裏づけされた、熟慮のもとに語っておられると思います。 私自身も、何も、原発に関して諸手をあげて賛成というわけではありません。できるだけ、安全で代替可能で安定性のあるエネルギーがあれば、それを使うにこしたことはないと思います。しかし、総合的に物事を考えた場合、当面は、原発エネルギーを使い続けていき、いずれ、代替エネルギーを開発して、それにかえていくということが一番まともだと思います。ましてや、今すぐ、原発を全面的にストップするなどという考えには、賛成できかねます。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
http://yutakarlson.blogspot.com/2011/11/blog-post_07.html

青い鳥 さんへ

ショックと言えばショックですが、そんなものと言えばそんなものです。
これはある意味聞いた自由報道協会が悪いとも言えます。何でそんな事を聞いたのかなと思います。

yutakarlson さまへ

>詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
> http://yutakarlson.blogspot.com/2011/11/blog-post_07.html

申し訳ないですが貴方も私のブログをもっとよくお読みください。

まあこれが現実ってやつ

ダライ・ラマと日本メディアの「保守性」
http://www.newsweekjapan.jp/newsroom/2011/11/post-241.php

歴代、中華に圧迫されてきたモンゴル、ベトナムといい、イスラエルとイラクにはさまれたヨルダンといい、脱原発は大国のエジキになるのがミエミエ。
その点、いちおう自国の意思で原発やめられる日本は恵まれてる(でも何故だかやらない)。

ぽむ さんへ

> 歴代、中華に圧迫されてきたモンゴル、ベトナムといい、イスラエルとイラクにはさまれたヨルダンといい、脱原発は大国のエジキになるのがミエミエ。

トルコなんかもそれですな(>_<)

> その点、いちおう自国の意思で原発やめられる日本は恵まれてる(でも何故だかやらない)。

国民に変える気がないのが一番の問題かも。非暴力が独立の武器になったように脱原発も独立の武器になると思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダライ・ラマの聖なる僧衣の背後

マイケル・バックマン 2007-05-23 ジャーナリストがダライ・ラマに挑戦することはほとんどない。 その理由には、彼が非常に魅力的で、人を惹きつけるからだということもある。彼に関わる報道記事の大半は、くすくす笑いや巧みなたとえ話を難しい答えの代用品にしている人?...