政商・小針暦二が遺した負の遺産、福島民報と駅伝

628.jpg
さんざん話題になった東日本女子駅伝。福島第一原発わずか60kmほどしか離れていない高汚染地域で行われた駅伝大会。それも出場選手のほとんどが未成年の女性…(>_<)
大会を開催したこと自体が狂気の沙汰ですが、それよりも目を引いたのはテレビに映ったコース周辺の荒涼たる風景。
明らかに耕作をやめたのであろう荒れた田畑・果樹園、日曜の昼間なのにカーテンを閉め切った住宅。商店はシャッター街…まあ、それは地方ならどこでも同じですけど。
街道の応援の人もまばらです。それもほとんどがお年寄りの方ばかりでした。季節柄もあってかマスクをしている人も多く目につきます…(>_<)
コース周辺の道路には車はおろか歩行者もほとんど見えません。言葉は悪いが文字通りのゴーストタウンです。あえて挑発的な言葉を使えば「死の町」という印象。
公平を期すために言っておけば、これはあくまで雪どけ水がテレビを通じてみた印象論です。とはいえ同様の感想を漏らしている方もネット上で多く見かけました(@_@;)

いちおうは復興をアピールするつもりだったはずの駅伝大会ですが、これではまるで逆効果。
福島のコミュニティが荒れているという情報は既に報道等でも聞いていましたが、映像を見る限り想像以上の荒れ模様だったという気がします。
もちろん残らざるを得なくて残る人もいます。しかし現地が危険であることを、他ならぬ現地住民が一番よく知っていたということでしょう。
スポンサーの空疎な垂れ幕だけが妙に寒々しくテレビ画面に映し出されていました(>_<)

恐ろしいことに福島県は、この東日本女子駅伝だけではまだ足りずに来週20日にもう一回別な駅伝大会を開こうというのです。
そもそも駅伝自体が怪我の多い危険な競技だと指摘されることもあるのに、なぜこのタイミングで駅伝をするのか。復興のアピール…にならないことは上述の通りです(-_-メ)

(引用はじめ)
第23回市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会 2011ふくしま駅伝
http://www.minpo.jp/pub/ekiden2011/
福島民報社と福島陸上競技協会は、「第23回市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会(略称・ふくしま駅伝)」を開催します。
【期日】11月20日(日)午前7時40分・白河市総合運動公園陸上競技場スタート、午後零時50分・県庁前ゴール予定。
主  催
福島陸上競技協会、福島民報社
共  催
福島県、福島県教育委員会、ラジオ福島、テレビユー福島
主  管
県南陸上競技協会、県北陸上競技協会
後  援
(財)福島県体育協会、福島県市長会、福島県町村会、参加市町村教育委員会、通過市町村陸上競技協会、通過市町村体育協会、(社)福島県交通安全協会、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社

(引用ここまで)

ふうむ。福島県の地方紙である福島民報が主催なのですね。それで何となく福島民報を検索してみたら…な、な、な、なんとドンピシャリ!!(@_@;)

(引用はじめ)
福島民報(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E6%B0%91%E5%A0%B1
福島民報(ふくしまみんぽう)は福島県の地方新聞。県下一の発行部数を誇る。毎日新聞社と協力関係にある。
概要
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E6%B0%91%E5%A0%B1#.E6.A6.82.E8.A6.81
1892年(明治25年)2月17日、福島県須賀川市で開かれた自由党の幹部会の席上、幹部の平島松尾が党機関紙の発行を訴え、同年8月1日、創刊号が発行された。以降、「福島民報」の題字を貫いている。初代社長は小笠原貞信。自由民権運動の指導者河野広中が率いる福島県の自由党は、選挙運動への妨害に対抗するため機関紙の必要性に迫られていた。その後、政党の離合集散の中で、大正・昭和初期には政友会系の性格を強めた。戦後、政党機関紙からの脱却を宣言した。現存する福島県の新聞で自由党の機関紙として誕生した新聞は福島民報が唯一である。
関連項目
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E6%B0%91%E5%A0%B1#.E9.96.A2.E9.80.A3.E9.A0.85.E7.9B.AE
・小針暦二(この福島民報社の他にも、福島交通グループなどの関連会社の社長・会長にも就任。「東北のドン」と呼ばれる人物であった)
・小針美雄(小針暦二の長男。父の跡を継ぎ、グループの総帥となるが事業家としての才能に乏しく、相次ぐ社内クーデターですべての役職を失い、失意の内に世を去った)

(引用ここまで)

自民党の前身である立憲政友会(自由党)の機関誌だったとは意外な過去です。それよりも何よりも小針暦二とは…。昭和の政商の大物です(@_@;)
政商肝いりの新聞社。それではまともな報道など期待できないはずだ。息子の代で失脚したのですね。児玉誉士夫にせよ田中清玄にせよ世襲に成功したフィクサーは少ない。
児玉二世・田中二世はいずれも堅気です。例外は笹川良一くらいでしょうか。それでも笹川二世はフィクサーと呼ぶには程遠い凡庸な政治家です…(^_^;)

(引用はじめ)
小針暦二(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%9D%E6%9A%A6%E4%BA%8C
前半生と福島交通への経営参加
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%9D%E6%9A%A6%E4%BA%8C#.E5.89.8D.E5.8D.8A.E7.94.9F.E3.81.A8.E7.A6.8F.E5.B3.B6.E4.BA.A4.E9.80.9A.E3.81.B8.E3.81.AE.E7.B5.8C.E5.96.B6.E5.8F.82.E5.8A.A0
1968年に、当時経営陣の内紛や相次ぐ労働争議で混乱していた福島交通の経営に関与。当時運輸大臣だった中曽根や中曽根派の代議士だった天野光晴の助力もあって、旧経営陣を追って社長に就任した。その後、福島交通・福島民報・ラジオ福島を中核3社とするグループ10数社のオーナーとなり、那須高原などでゴルフ場やホテルの建設など観光開発を手掛け不動産事業を展開、グループを拡大した。金丸信とは遠縁にあたりその縁で政財界とのパイプを構築した。竹下登、安倍晋太郎をはじめ中央政界の大物政治家と幅広い交際があり、「昭和の政商」といわれた故小佐野賢治になぞらえ「東北の小佐野」と呼ばれたこともあった。

(引用ここまで)

「東北の小佐野」というより「東北のナベツネ」といった方がいいのかも。交通や観光、不動産にまで手を伸ばしているのであれば駅伝との相性も分かるような気がします(^_^;)
原発利権の総元締・中曽根康弘元首相と昵懇だったというのも示唆的ですな。駅伝の開催は偶然ではなくて当然の帰結でしょう。
あれ、思い出した。中曽根元首相の師匠である河野一郎(洋平の父・太郎の祖父)は元駅伝選手で陸連の会長じゃなかったかな(^_^;)

旧政商の夢が遺した駅伝と原発、哀しみを感じないでもありません。しかし気の毒なのは選手たちです。福島民報社は駅伝のスポンサーから手を引くべきでしょう。
これは政治の信頼性を巡る議論でもあります。スポーツと政治が必要以上に密接であるなどと、あらぬ噂が立てられないように関係者は身を正さねばなりません(^o^)丿

駅伝済んで消え(エキデンスンデキエ)

那須高原も線量の高いところです。皮肉というより他はない。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染 - ジャンル : 政治・経済

コメント

東北の政商

こんばんは。

18年前に福島に行ったのですが、夕方福島駅に着いて、キヨスクで売られていた新聞の見出しがすごかったのです。
「皇后さま倒れる」
例の、声を失ったという時のことです。
まるで、総理大臣が亡くなった時くらいのでかい見出しで。
で、それが福島民報でした。
福島にはもう一紙、「福島民友」という地方紙があるのですが、そちらは大人しめの見出しでした。

それから、仰る通り、河野一郎は陸連の会長であり、確か日本体育協会の会長でもあったはずです。
そして著名な馬主でもあり、ついでに東京オリンピック担当大臣でもありました。
河野一族は日本のスポーツ界に隠然たる影響力を今も及ぼしています。

東日本女子駅伝

「『復興しましたよ』ってアピールのためだけの行事」と山本太郎にこき下ろされた、東北陸上競技協会の理事長
http://www.news-postseven.com/archives/20111114_70283.html
>復興の象徴として盛り上げようとしているのに、この発言は風評被害になりますよ。福島県民に対して失礼なんじゃないか

出た、「風評被害」!

河野太郎は身を張ってでもこの大会を止めるべきだったな…。

らすかる さんへ

> それから、仰る通り、河野一郎は陸連の会長であり、確か日本体育協会の会長でもあったはずです。
> そして著名な馬主でもあり、ついでに東京オリンピック担当大臣でもありました。
> 河野一族は日本のスポーツ界に隠然たる影響力を今も及ぼしています。

河野洋平・河野太郎・河野謙三(一郎の弟)・田川誠一(洋平の従兄弟)…。
フィクサーは世襲しないのに政治家は世襲するんですよね。何故でしょうか。

bomb さまへ

> 「『復興しましたよ』ってアピールのためだけの行事」と山本太郎にこき下ろされた、東北陸上競技協会の理事長
> http://www.news-postseven.com/archives/20111114_70283.html
> >復興の象徴として盛り上げようとしているのに、この発言は風評被害になりますよ。福島県民に対して失礼なんじゃないか

「風評被害」なんて手垢の付いた言葉より、山本の言葉の方がはるかに人間として情がこもっています。風評被害を言うなら、自分たちの説明責任をどう思っているのでしょうか。
全くひどい話だと思います(^_^;)

選手は使い捨てか?

 狂ってますね.

>気の毒なのは選手たち

 私もそう思います.選手をもっと大切に扱って欲しい.

Ladybird さんへ

> 選手をもっと大切に扱って欲しい.

ナベツネさんみたいに選手どころか管理職まで使い捨てにする剛の者もいます。
ロンドンブーツの淳はナベツネに「排泄物お食べになってください」と(ネットで)言い放っていますが、そういう気骨ある人がスポーツ界にいないのも残念なところです(^_^;)

放射能汚染はないはウソ

大阪です、駅伝開催したのですか残念です。
子供たちがお棚の犠牲になる見本、これは虐待でしょう。
さて、京都の幼稚園児が福島の園児に落ち葉、松ぼっくりをなどを
送りましたとのニュースで、福島の園児が外で落ち葉などを拾って
遊べないからとのことです。
外で遊べない状況なのに、駅伝で思い切り呼吸させて
内部被ばくを助長させる。
最低な大人たち、止めない政治も悪い
市長会、市町村議委員なにしているのか。と
腹立たしい。

ゆきひろ社会科日記 さまへ

> 外で遊べない状況なのに、駅伝で思い切り呼吸させて
> 内部被ばくを助長させる。
> 最低な大人たち、止めない政治も悪い

競馬は中止しているそうですから人間が馬以下の扱いです(+_+)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 関西電力本店前 「わかもの120時間座り込み」 11月14日-19日 

関電本店前、「わかもの120時間座り込み」を応援しています。 楽しいイベントになると思います。ご都合の付く方は是非参加もしくは見学だけでもしてみて下さい。 以下転載です。 わかもの120時間座り込み 11月14日午前11時から11月19日午前11時まで  関西電力本店前(大...

二大政党制とこれからの選挙制度

昨日TPPの討論番組があったが、民主党内でも異論が多い。 民主党は『政治主導』『二大政党制』を理念に集まった政党だけど、やはりそれだけでは漠然なのかも。 二大政党制には、一種の限界があるのかもしれ...