信号機削って八ッ場ダム建設(石が流れて木が沈む)

633.jpg
なかなか衝撃的な見出しだからつい見ちゃった。中身も実際衝撃的でした。日本政府の機能不全もここまで来たか。それとも増税に向けてのパフォーマンス???
↓↓↓
はなゆー(寝台特急日本海が消滅) (@hanayuu)on Twitter
http://twitter.com/#!/hanayuu/status/138570180224749568
【ジンバブエ化する日本】 全国の信号機半減する? 財政難で進まぬ更新 (産経新聞) - Yahoo!ニュース -
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111121-00000530-san-soci


なるほど寝台特急日本海が消滅したのですか…じゃなくて信号機が無くなる?(@_@;)
まあ、一気に半分になるわけではないようですが、信号機の更新をする予算が下りていないのは事実のよう。日本なんて田舎に行けばいくほど車社会だろうに…。

(引用はじめ)
全国の信号機半減する? 財政難で進まぬ更新(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111121-00000530-san-soci
 交通安全の確保のため、新設と更新に力を入れてきた信号機について、警察庁は必要性が低くなったものについては「撤去」を検討するよう都道府県警に指示したことが20日、分かった。財政難で、老朽化する全国約20万基の信号機の更新が進まず、このままでは信号機の半分を撤去せざるを得ない。警察庁は更新に全力を挙げる一方、「メリハリのある信号機施策が必要」と撤去の検討という新方針を打ち出した。
 警察庁によると、全国に設置されている信号機は20万1878基(平成23年3月末時点)。経年劣化を考慮し、19年が経過したものを更新対象としている。
 対象すべてを更新するには毎年、全体の5.3%を更新しなければならないが、実際は2.6%(20~22年度の3年間の年間平均)と半分程度。現状で推移すれば、将来的には信号機の51%を撤去せざるを得ないと試算している。
 ▼倒壊や灯器落下も
 すでに、老朽化で心臓部である「制御機」が故障し、信号が切り替わらなくなる例が散見されるほか、腐食で柱が倒壊したり、「灯器」が落下したりする事故も起きている。信号機のうち、灯器と制御機は都道府県の予算と国からの補助金、柱は都道府県の予算で賄われている。
 平成に入ってからの交通安全施設(信号機、横断歩道、規制標識など)の事業費は、5~10年度に1400億円前後(都道府県予算と国の補助金の合計)が充てられていたが、23年度は約665億円と半分以下の水準に落ち込んでいる。
 ▼廃校周辺など想定
 このため警察庁では、10月に全国の警察本部に対して更新の予算獲得に全力を挙げる一方、必要性の低くなった信号機の撤去も検討するよう指示した。具体的には廃校となった小学校や中学校の周辺交差点などを想定しているという。
 警察庁では、「人口が頭打ちとなっていることなどから、これまでのように信号機を大量に新設する必要はない」と指摘。その上で「交通量にも配慮しながら必要性の低くなった信号機は撤去するとともに、新たに必要性の生じた交差点には新設するなど、メリハリのある施策が必要だ」と話している。
 しかし、いったん設置した信号機の撤去には、地元住民からの反発も予想される。今後、地元自治会やPTAなどの理解を得る努力も求められそうだ。

(引用ここまで)

すでに現時点で「老朽化で心臓部である『制御機』が故障し、信号が切り替わらなくなる例が散見されるほか、腐食で柱が倒壊したり、『灯器』が落下したりする事故も起きている」というのに、解決策が信号機の削減とは。話がアベコベです。
必要性の少なくなった信号機がそれほどたくさんあるとは思えない。泣きを見るのはまた国民でしょう(-_-メ)

それだけ国にカネがないのだ…したり顔で解説する向きもあるようですが、そのくせこういう予算は平気で付くのです。優先順位がどう考えてもオカシイ…。

(引用はじめ)
八ッ場ダム「建設継続」方針…関東地方整備局(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111121-00000638-yom-pol
 建設中止か継続かを再検証中の八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)について、国土交通省関東地方整備局は21日、さいたま市内で開かれた利根川流域6都県との会合で、再検証の結論を「建設継続」とする方針を示した。
 今後、同整備局事業評価監視委員会の審議を経て、早ければ今月末に同省へ報告する。

(引用ここまで)

八ツ場ダムを建設したい理由もあるにはあるのでしょうが、全国の信号機と比べたら八ツ場ダムの重要性が高いとは決して言えない。
民主党のマニフェスト放棄もここに極まったようです。何でこの程度の事が出来ないのか。最初からやる気がなかったとしか言いようがありません。
繰り返しますが信号機の削減など簡単にするべきではありません。交通事故の犠牲になるは主にお年寄り。こんなところにも今の日本の棄民政策が表れているようです(-_-メ)

なおジンバブエについて知りたい方は以下のリンクを参考にして下さい。
↓↓↓
外務省:ジンバブエ共和国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/zimbabwe/index.html

ジンバブエ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8


なおWikipediaでこんな記述を見つけちゃった。なんだ、日本はもうすっかりジンバブエ化しきってんじゃん(^^♪
↓↓
日本、ガボンと同じく、取材対象の公的機関が、一部の報道機関に対して排他的かつ独占的な便宜を供与(取材場所の提供、取材費用の負担等)する形の記者クラブ制度を有する。

甘言は半減化(カンゲンハハンゲンカ)

悪政にこそ赤信号でしょ。
お粗末さまでした(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : 経済 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)